花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーとB細胞

B細胞とは?

B細胞は、血液を流れる白血球のなかのリンパ球のうち、約20~40%を占める免疫細胞です。 B細胞のBは、英語で「Bone marrow」の頭文字から付けられたもの。 日本語では「骨髄」という意味で、骨髄で生み出されたリンパ球が骨髄内で成熟・発達したものがB細胞です。

B細胞は、司令塔として活躍するT細胞と同じリンパ球の仲間で、外部から侵入してくる病原菌などの敵に応じた抗体をつくって体を守ります。1つのB細胞では1種類の抗体しかつくることができないため、抗体遺伝子を組み替えることで1億以上の抗体をつくり、さまざまな病原体に備えます。

B細胞の働き

B細胞は、主に同じリンパ球の仲間であるヘルパーT細胞の指令を受けて、協力しながら病原菌(抗原)にぴったりの抗体を作り出します。

体の中に病原体(抗原)が侵入してくると、まず、強い貪食能力を持つ「マクロファージ」や、優れた抗原提示能力を持つ「樹状細胞」がその病原体のタイプを分析します。

樹状細胞はリンパ節へ移動し、免疫の司令塔である「ヘルパーT細胞」にその抗原を提示し、病原体の情報を伝えます。

数あるT細胞の中で、その抗原を認識できるT細胞は、刺激を受けて活性化します。

このように、体内に侵入した病原体の抗原を取り込んでT細胞に情報を伝える細胞を「抗原提示細胞」といい、マクロファージ樹状細胞のほか、B細胞もそれに当たります。

B細胞は病原体を認識できるレセプターを持っており、そのレセプターにくっついた病原体を取り込み、その破片を抗原として細胞の外側に提示します。そして、同じ抗原に反応できるT細胞に会うと、その細胞から刺激を受け、抗体を作り出すのです。

B細胞によって作られる抗体は、いわば攻撃ミサイルのようなもので、これで異物を攻撃して破壊します。

さらに、一度病原体に反応したB細胞の一部は、記憶細胞として体内に長く残るため、同じ病原体が再び侵入した場合、より迅速に抗体を作れるようになります。これがいわゆる「疫ができる」といわれる現象です。

このB細胞の記憶する機能は、予防接種にも応用されています。

B細胞とアレルギーの関係

喘息花粉症アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患と深く関係しているIgEなどの抗体は免疫細胞のうち、B細胞によって作られます。

ここまでは花粉症アトピー性皮膚炎喘息等のアレルギー持ちの人も、そうでない人も同じ流れなのですが、この先の反応に大きな差が出るのです。

B細胞に抗体を出すように命令するのがヘルパーT細胞です。

1型ヘルパーT細胞=Th1細胞(細胞性免疫)

B細胞から作られる抗体の量を抑える

2型ヘルパーT細胞=Th2細胞(液性免疫)

B細胞抗体をつくる働きを促進させる

健常者の場合Th1細胞Th2細胞のバランスが取れているのですが、何らかのアレルギーを持つ方にはこの「Th2細胞が“多すぎる」という特徴があります。そのため、必要以上の抗体を作ってしまうのです。

過剰に作られ、行き場を無くした抗体がマスト細胞(肥満細胞)と結合することで、本来、アレルゲンを防ぐために作られた抗体のはずが“アレルギー症状を起こす元”となっているのです。この抗体がヒスタミンです。

花粉症等のアレルギー疾患では、必ずと言っていいほど処方される抗ヒスタミン薬ですが、この抗ヒスタミン薬が果たしている役割は、Th2細胞の命令によってB細胞が作りすぎたヒスタミンを無効化することなのです。

しかし、これは根本的な治療ではなく対症療法にすぎません。

アレルギーの症状を根本的に改善するには、Th1細胞Th2細胞のバランスを整えることが最重要なのです。

実際、“Th1細胞を増やす”もしくは“Th2細胞を減らす”ことでアレルギー症状が改善したという報告も多数あります。

Th1細胞の働きを活性化させて、産生されるTh1細胞の数を増やすにはどうすればいいのでしょうか?

これには腸内環境を整えて免疫力を強化することが一番です。乳酸菌やビフィズス菌などのグラム陽性菌がTh1細胞の産生を促すことが分かっています。また、L92乳酸菌にはTh1細胞の活性化の可能性があるという実験結果も報告されています。

このTh1細胞アレルギー完治のカギとなるかもしれませんね。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す