花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーと樹状細胞

樹状細胞とは?

樹状細胞は、抗原提示細胞として機能する免疫細胞の一種であり、哺乳類の免疫系の一部を担っています。

皮膚組織をはじめとして、外界に触れる鼻腔や肺、胃、腸管に存在し、その名のとおり周囲に樹木のように突起を伸ばしています。

表皮の樹状細胞はランゲルハンス細胞と呼ばれています。

樹状細胞の働き

体内に侵入してきた細菌、ウィルスが感染した細胞やがん化した細胞などは、異物として免疫細胞に発見され、そして排除されます。その際、免疫細胞は各々の役割を分担しながら、緻密に連携しあって働いています。例えば、「がん細胞を見つけて、その情報(目印)を伝達する者」、「攻撃する者」、「仲間を元気づける者」などです。

樹状細胞は、そうした連携の中にあって、司令官のような役割を果たしている重要な細胞です。がん細胞に出会うと、樹状細胞はそのがん細胞を食べ、その断片を自らの表面に提示して、リンパ球にがん細胞の特徴(目印)を教えます。すると、リンパ球はがん細胞を識別できるようになるのです。

わたしたちの体の中では、毎日、5、000個程度の細胞ががん化していると言われていますが、免疫細胞がこれらがん細胞を排除しているので、がんが顕在化することはありません。しかしながら、がん細胞は、自身ががん細胞であることを隠す場合があります。そして、免疫細胞の攻撃から上手に逃れ、密かに増殖します。 こうなった場合、がん細胞に特徴的な目印を標的としてがん細胞を攻撃する「特異的免疫」が、抗腫瘍効果に寄与します。

具体的には、

樹状細胞が、がん細胞の残骸等を見つけて食べて(貪食:どんしょく)、がんの目印を手に入れます。

・がんの目印を手に入れて一人前の司令官となった樹状細胞は、リンパ球にがんの目印を教え、がん細胞を攻撃するように指示します。

・がんの目印を教わったリンパ球は、がん細胞を攻撃します。

がん細胞はリンパ球からの攻撃を逃れようとして、がんの目印を隠すことがあります。これを補完するのがリンパ球の一種のナチュラルキラー細胞(NK細胞)です。

アレルギーと樹状細胞の関係

アレルギーの炎症において樹状細胞は、抗原感作を成立させる役割と感作成立後に炎症を増悪させる役割を持つと考えられます。

気管支喘息の発症前の段階では、未熟な樹状細胞は気道上皮で抗原(アレルゲン)を取り込み、活性化されて成熟しながら所属リンパ節へ移動し、ナイーブT細胞へ抗原提示を行い、抗原感作の成立に関与します。

また、既に抗原感作が成立した後では、吸入暴露された抗原を取り込んだ樹状細胞は、所属リンパ節へと移動し、セントラルメモリーT細胞に分化した抗原特異的なT細胞を再活性化させると考えられます。

樹状細胞は様々な病原体認識機構を持っていて、気道上皮で樹状細胞が受けたToll様受容体(TLR)など病原体由来のパターン認識受容体(PRR)を介する刺激は、樹状細胞の活性化を通してナイーブT細胞の分化にも影響を及ぼします。そのため樹状細胞自然免疫と獲得免疫の橋渡し役として機能しています。

ちなみに、Toll様受容とは、動物の細胞表面にある受容体タンパク質で、種々の病原体を感知して自然免疫を作動させる機能があります。

抗原を取り込み所属リンパ節へと移行した抗原提示細胞は、そこに存在する抗原特異的なT細胞受容体(TCR)を発現するナイーブT細胞TH2細胞へと分化を誘導すします。

現在この活性化に関与する中心的な細胞は樹状細胞であると考えられていますが、抗原の種類や抗原の侵入してくる部位(気道、消化管、表皮など)によっても中心的に働く抗原提示細胞が異なる可能性が指摘されています。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す