花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーと腸内フローラ

腸内フローラとは?

腸内フローラとアレルギーの関係私たちの腸内には、多種多様な細菌が生息しており、それらはなんと、数百種600兆個以上あります。

特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。

顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のようにみえることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。

腸内細菌の種類や数は食事や生活習慣・人種・年齢などにより異なるため、腸内フローラも人それぞれ違います。

腸内細菌」は、大きく3つに分類されます。

1.体に良い働きをする『善玉菌』

代表的なのは、乳酸菌と呼ばれるフェーカリス菌やアシドフィルス菌、ビフィズス菌など。

悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したりすることによって、お腹の調子を整えます。

2.体に悪い働きをする『悪玉菌』

ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などが、腸内で有害物質をつくり出します。

悪玉菌が増えると、便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることもあります。

3.どちらにも属さない『日和見菌(ひよりみきん)』

腸内の善玉菌悪玉菌の、優勢な方に同調(味方)して作用します。

そして、これらのバランス(腸内フローラの状態)を、「腸内環境」といいます。

理想的な『腸内フローラ』とは

腸内フローラの理想的な比率腸内フローラの理想的な状態とされるのは、

善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割

このバランスに腸内環境を保つことがとても大切です。

健康なヒトの腸内では、善玉菌が悪玉菌の定着・増殖を抑えています。

また、善玉菌には、有害物質を体外に排出するのを助けたり、免疫細胞を活性化したりするなどの作用もあります。

しかし、この腸内フローラのバランスは、体調・食生活・年齢・ストレス(抗生物質など)の服用…といった、様々な要因によって日々変化します。

『腸内フローラ』のバランスが崩れるとアレルギー疾患になる!

何らかの原因で、腸内の悪玉菌が優勢になると、悪玉菌がつくりだす有害物質も増えます。

この有害物質は、便秘や下痢などお腹の調子を悪くするだけでなく、腸から吸収されて全身をめぐり、様々な生活習慣病や肌荒れ、肩こり、老化などにも関係するといわれています。

アトピー性皮膚炎花粉症喘息などのアレルギー疾患の人の腸の状態は、悪玉菌によって腸内が腐敗し、その影響で腸壁が傷つき、穴だらけになっていると言われています。

悪玉菌が増殖し、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、その結果、腸壁から吸収された有害物質が血液を通って全身に流れて行き、自律神経が乱れ、アレルギーの症状として現れてくるのです。

腸内環境が整ってくると、善玉菌が優勢となり、産生される毒素や有害物質も少なくなり、免疫力も回復してくるので、アレルギーの症状が改善されてくるのです。

人間の免疫のじつに70%が腸にあると言われており、「腸管免疫」とも呼ばれています。

免疫の大部分が腸にあるということから腸内環境が免疫を維持・向上するうえで重要であることは間違いないと言えるでしょう。

腸の内面には腸管のリンパ球免疫系細胞がたくさん存在しています。

私たちが日常生活を送るうえでもっとも菌が侵入してくるのが口からであり、口から侵入した菌が最終的に到達するのは腸管であり、腸内がもっとも菌の攻撃にさらされることになります。

菌の攻撃に真っ先に、そして直接さらされるからこそ、腸管免疫が人の体を守る主要な免疫機能となっているのです。

つまり、腸の免疫は腸管それ自体だけではなく全身の免疫機能も担っているわけです。

アレルギー免疫バランスの崩れとよく言われますが、免疫バランスの崩れとはどのようなことを指すのでしょうか。

免疫細胞

私たちの体内や身の周りには有益な腸内細菌もいれば、侵入してくると害になるインフルエンザウイルスや細菌などもたくさんあります。そして免疫とは有益なものは攻撃せずに、有害なものにだけ攻撃して排除しようとするものを言います。

有害細菌などを攻撃する免疫も複数あります。

白血球の種類であるキラーT細胞マクロファージNK細胞などのリンパ球などもありますし、各免疫細胞に攻撃を命じる働きをするヘルパーT細胞もあります。

また腸内細菌の善玉菌それ自体も免疫となります。しかし、これら免疫細胞や腸内細菌の数の変化・バランスが崩れることで免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、アレルギーや自己免疫疾患の原因となったりすることが様々な研究から明らかになっています。

ヘルパーT細胞

ヘルパーT細胞には他の免疫細胞にさまざまな指示を出す役割があります。ヘルパーT細胞にもTh1Th2の2種類があります。

Th1は免疫防御の主役となる存在で、最も多く生産される抗体です。

Th2は消化管内での感染を防ぐ役割もありますが、さまざまなアレルギーにも関与しており、とくにアレルギー物質が入り込むと数分程度で症状が出てくる「即時型アレルギー反応」を起こします。

このように2つの型に分かれるヘルパーT細胞ですが、普段はTh1とTh2はお互いのバランスが均衡になるようにコントロールしあっています。

Th1とTh2のバランスが崩れるとアレルギーの原因に

普段はお互いにバランスを取り合っている2つのヘルパーT細胞ですが、生活環境の変化などがあるとその2つのバランスが悪くなりTh2が優位になってしまうことがあります。

Th2が優位になると、普段は反応しない花粉のようなアレルギー物質に対しても反応してしまい、アレルギー症状が出てしまいます。

このバランスをコントロールするのが腸内細菌です。Th1を優位にしようとする腸内細菌を増やすことでTh2が優位になるのを予防し、アレルギーの発症を抑制することができます。

腸内の善玉菌の働き

生命力の源であるエンザイム(酵素)を作る

免疫の働きの活性化や消化の促進を担っているのが酵素です。腸内細菌は、およそ三千種類もの酵素(エンザイム)を作っているといわれています。

腸内が善玉菌優勢なら、腸は若々しく保たれますが、悪玉菌優勢の場合は、腸は老化して病気になりやすい体をつくることになります。

善玉菌は腸内にフリーラジカルが発生すると、自ら死んで体内の抗酸化エンザイムを出し、フリーラジカルを中和させてくれます。

腸内には絨毛と呼ばれる小さな突起がビッシリとあるのですが、その絨毛の突起の間には善玉菌である乳酸菌が入り込んでいます。

この絨毛の中には免疫システムにかかわる白血球NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)といったものが出てくるのですが、それらは

・異種タンパクや細菌、ウィルスやガン細胞

などの異物と戦うときに大量のフリーラジカルを出します。

善玉菌である乳酸菌はその後始末ともいうべきフリーラジカルの除去に活躍してくれるのです。

有害なものが腸に感染するのを防ぐ

腸内に住み着いて壁面を覆うことにより侵入した病原菌や有害菌の増殖を防ぎ、感染から私たちを守っています。

免疫の働きを活性化する

腸の免疫の仕組みを刺激して免疫の働きを活性化する。

消化を促進する

消化を助ける酵素を分泌して腸の働きを活発にし、消化を促進します。

また、コレステロールや中性脂肪などの脂質の消化、吸収をコントロールしたり、余分な脂質の排泄を促したりします。

善玉菌はアトピー性皮膚炎喘息花粉症アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎などの全てに関与し、改善を助ける働きがあるといえます。

善玉菌を増やせば、アレルギー症状の改善につながるといっても過言ではありません。

アレルギー体質は生まれつきと思われているかもしれませんが、食事など生活習慣の改善で症状を軽減する事が出来ます。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す