花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーとT細胞

T細胞とは?

白血球の一種に「リンパ球」があります。そして、このリンパ球は、NK細胞B細胞T細胞に分けられ、T細胞リンパ球の70~80%と大半を占めています。胸骨の裏側にある胸腺(英語でThymus)でつくられるので、頭文字のTをとってT細胞と名付けられました。

T細胞は主に感染した細胞を見つけて排除するという、免疫機能において重要な役割を担っています。そのため、T細胞が無くなるとウイルスや細菌に感染しやすい免疫不全の状態になってしまい、がんにかかりやすくなることもわかっています。

T細胞リンパ球の一種で、骨髄の幹細胞に由来し、胸腺で分化する免疫細胞です。同じ骨髄幹細胞由来のB細胞と形態的に酷似しています。

機能をもとに4種類に分類でき、B細胞の抗体産生細胞への分化を助けるヘルパーT細胞、抑制するサプレッサーT細胞アレルギー反応を誘発するエフェクターT細胞、標的細胞を破壊するキラーT細胞が存在します。

ヘルパーT細胞

抗原の刺激を受け、他の免疫細胞に攻撃指令を出す、免疫の司令塔的役割を果たしています。

ヘルパーT細胞の表面には「抗原受容体」があり、これにより、外部から入ってきた異物(抗原)を認識することができます。

また、ヘルパーT細胞は自己の判断でがん細胞などを破壊することができて即効性のあるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させることもできます。

ヘルパーT細胞は、サイトカインの分泌パターンの違いから、Th1細胞Th2細胞に分けられます。

Th1細胞には、キラーT細胞を増やして攻撃力を高めるとともに、NK細胞にも異物の情報を伝え、さらに攻撃力をアップさせる働き、Th2細胞には、B細胞を刺激して抗体をつくらせる働きがあります。

これらをそれぞれ「細胞性免疫」、「液性免疫」と呼び、Th1細胞Th2細胞のバランスによってどちらの免疫応答が優勢になるかが決まってきます。

キラーT細胞

キラーT細胞は、ヘルパーT細胞からの指令を受け、感染した細胞やがん細胞などにとりつき、死滅させます。細胞障害性Tリンパ球とも呼ばれます。

健康なヒトの体でもガン細胞(細胞分裂のコピーミス)は毎日3000~5000個ほど生成されてしまうと言われています。しかしキラーT細胞NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活躍をしてくれるので、毎日破壊され、がんという病気になることなく生活できているのです。

サプレッサーT細胞

サプレッサー細胞キラーT細胞ヘルパーT細胞が暴走しないように見守るストッパー役を果たしています。過剰に攻撃しすぎたり、武器をむやみに作りすぎたりしないように監視しています。そして免疫反応を終了へと導きます。

サプレッサーT細胞は日本人の多田富雄博士が発見し、第1回国際免疫学会で注目を集めましたが、その機能については未だに謎の部分が多いリンパ球であり、現在ではこのサプレッサーT細胞の存在を疑う研究者もいます。

エフェクターT細胞

非自己抗原が樹状細胞マクロファージB細胞などの抗原提示細胞によって提示され、それを、T細胞受容体を介して認識したT細胞が分化活性化された状態をエフェクターT細胞と言います。エフェクター細胞障害性T細胞とエフェクターヘルパーT細胞に主に分けられます。

特にエフェクターヘルパーT細胞では主にTh1、Th2、Th17の3種類が知られています。それぞれインターフェロンγ(IFNγ)やインターロイキン17(IL-17)など特徴的なサイトカインを放出し、感染防御や免疫応答に関わるほか、自己免疫疾患、アレルギー、がんでも重要な働きをすると考えられています。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す