花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルゲンとは?

アレルゲンはアレルギーの直接の原因アレルゲン(Allergen)とはアレルギー疾患を持っている人の抗体と特異的に反応する抗原のことです。

一般には、そのアレルギー症状を引き起こす原因となるものを言いますが、感作はされているが具体的な症状があるわけではない人においても、その抗体と反応する抗原もアレルゲンと呼びます。

さらに広義には、それに対するアレルギー患者が多いなど、アレルギーの原因によくなり得る物質のことをいいます。

正確には抗体と反応してアレルギーを引き起こす物質(抗原)そのものを指すしますが、その抗原を含んだ物質(食品など)を指すことも多いようです。

たとえばスギ花粉症におけるアレルゲンは Cry j 1(クリジェイワン)などの花粉に含まれるタンパク質が同定されていますが、一般にはスギ花粉症のアレルゲンはスギ花粉として認識されています。

侵入経路により、気道から入る吸入性アレルゲン、皮膚から入る(接触や刺傷)接触性アレルゲン、消化管から入る食物性アレルゲンに分けることができます。

アレルゲンが体内に入ると、B細胞から分化した形質細胞でIgE抗体が産生され、IgE抗体がマスト細胞や好塩基球に結合して感作が成立します。

この状態で再びアレルゲンが侵入すると、マスト細胞(肥満細胞)や好塩基球からヒスタミンロイコトリエンなどの化学伝達物質が放出され、鼻、肺、末梢血管、皮膚などの器官に作用し、かゆみや血管拡張、気管支平滑筋の収縮を起こします。

アトピー性皮膚炎のアレルゲン

強いかゆみや湿疹、かぶれなどにおそわれるアトピー性皮膚炎は、かつては乳幼児に多い病気でしたが、近年では大人のアトピーも増えています。

アレルギーというと食べ物を思い浮かべやすいですが、アトピーの原因となるアレルゲンで多いのはハウスダストやダニ、カビです。家の中のホコリ(ハウスダスト)には、ダニがいっぱい潜んでいるので、かゆみの原因として高い割合をしめています。

その他、注意するのはカビ。ここ最近でピティロスポルム(マラセチア)という菌に対して陽性反応を示す人が増えて注目されています。このカビは誰の皮膚にも存在するのですが、顔、首、上半身の皮膚の脂の分泌が多く、かゆみやフケを発生させます。

花粉症のアレルゲン

花粉症のアレルゲンは花粉花粉症で最も多いスギ花粉症のアレルゲンは言うまでもなくスギ花粉ですが、それだけではありません。

春以外でも花粉症のアレルゲンとなる花粉は飛んでいます。

夏の花粉症の主なアレルゲンは、イネ科の植物の花粉であるカモガヤやハルガヤ、キク科の花粉であるブタクサ、ヨモギなどです。

意外と知られていませんが、秋は春に次いで花粉症の症状が出やすいと言われています。ブタクサ、ヨモギ、カナムグラに加え、猛暑のために植物の生育が早まった場合は、秋にスギ花粉が飛ぶこともあります。

そして、驚いたことに冬でも花粉は飛んでいます。北海道を除くすべての地域で、12月にはスギ花粉が微量ながら飛んでいるのです。スギ花粉以外にも、イネ科の植物の花粉(関東・九州)、ブタクサの花粉(関東)が飛んでいます。

花粉症のアレルゲンは一年中飛んでいるということですね。

喘息のアレルゲン

喘息のアレルゲンは、人によって異なりますが、アレルゲンになりやすいものには、ハウスダスト(ほこり・ダニなど)、花粉、卵、牛乳、大豆、小麦、そば、動物の毛、等々があります。

また、喘息の発作は、アレルゲン以外のきっかけで引き起こされることもあります)。例えば、気圧や気温、湿度の変動は発作と深い関わりがあります。特に梅雨どきや、台風の発生する秋口は、喘息発作が起こりやすく、喘息の好発時期と言われています。

アレルギー性鼻炎のアレルゲン

アレルギー性鼻炎には、スギ花粉やヒノキ花粉などがアレルゲンとなり、毎年同じ季節に起こる季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)と、ハウスダストなどが原因となり、季節に関係なく年間通して起こる通年性アレルギー性鼻炎とがあります。

アレルギー性結膜炎のアレルゲン

アレルギー性結膜炎のアレルゲンには花粉、ダニ、ペットの毛やフケ、昆虫、カビなどがあります。

アレルゲンが花粉の場合は、季節性アレルギー性結膜炎であり、花粉の種類により飛ぶ季節が違うので、開花時期でない時には症状が起きません。

一方でダニ、ペットの毛やフケなどは室内に存在し、一年を通じてアレルゲンにさらされる機会があります。こちらは通年性アレルギー性結膜炎です。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す