花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー反応とは?

アレルギー反応は免疫反応の一部

私たちの体には、自分の体の成分と違う物、例えば、細菌、ウイルス、食物、ダニ、花粉などが体の中に入ってくるとこれを異物として認識して攻撃し排除する仕組みがあります。

アレルギーの女の子これを「免疫」と呼んでいます。アレルギー反応も広くは免疫反応の一部ですが、異物に対して反応する際に自分の体を傷つけてしまう場合、つまり通常は無害な物質に対して免疫システムが異常な反応をすることをアレルギー反応と呼んでいます。

アレルギー反応を演ずる役者はたくさんいます。主な役者は、抗原提示細胞、リンパ球、好酸球、マスト細胞などの細胞と、IgE抗体、ヒスタミン、ロイコトリエン、インターロイキンなどのタンパク質や化学物質です。これらの役者たちが、連携してさまざまな種類のアレルギー反応を演じています。

免疫反応

私たちの皮膚や粘膜には、外からやたらに体の中に物質が入ってこないようにするバリア機能と呼んでいる仕組みがあります。

このバリア機能が何らかの原因で破綻するとそこから、体のなかにウイルス、細菌、アレルギーの原因となる、ダニ、ほこり、花粉、食物などが入り込みます。

侵入してきた物質は、抗原と呼ばれ、アレルギーの原因になるものは特にアレルゲンと呼んでいます。抗原やアレルゲンが侵入すると、皮膚や粘膜の直下にいる抗原提示細胞がそれらを見つけて異物として認識します。

ちなみに、抗原提示細胞とは、体内に侵入したウイルスなどの抗原を取り込んで、近くのリンパ節へ移動し、T細胞に抗原の情報を伝達する免疫細胞のことで、樹状細胞・マクロファージB細胞などがあります。

抗原となる物質は、生体内でマクロファージなどにより部分分解されて,その産物がこの細胞により抗原として提示されます。この提示する細胞、ヘルパーT細胞に対して、主要組織適合抗原を発現しているマクロファージ、樹状細胞、Bリンパ球などがこの役割をします。

アレルギー反応と免疫抗原提示細胞からの情報はリンパ球に伝えられます。抗原の種類や状況、免疫のバランスによってこの後の反応が変わってきます。

細菌やウイルスに対しては、形質細胞がIgG抗体やIgM抗体を産生し、侵入してきた細菌やウイルスを攻撃し排除します。これを免疫反応と言います。

ちなみに、形質細胞とは、Bリンパ球がヘルパーT細胞からの刺激によって分化した、抗体を作りだす細胞のことです。Bリンパ球の最終形態であり、プラズマ細胞とも呼ばれています。リンパ節や、骨髄、扁桃などのリンパ組織に存在し、免疫グロブリンなどを生産します。

アレルゲンに対しては、形質細胞がIgE抗体を産生したり、リンパ球が直接反応したりするようになります。

即時型アレルギー反応と遅発型アレルギー反応

産生されたIgE抗体は、血液中を流れて皮膚や粘膜にいるマスト細胞の表面にくっついて待機しています。この状態を「感作(かんさ)」と呼んでいます。

感作されただけではアレルギー反応は起ここりません。感作された状態で、再びアレルゲンが侵入してマスト細胞上のIgE抗体と反応するとマスト細胞から、ヒスタミンロイコトリエンが放出され様々なアレルギー症状をおこすのです。これを即時型アレルギー反応と言います。

また、リンパ球が反応した場合は、再度のアレルゲンの侵入によって、様々な活性化物質や、細胞間伝達物質などが放出されます。これを遅発型アレルギー反応と言います。

この他にもいくつかのアレルギー反応の経路があることがわかっています。

即時型アレルギー反応の代表的な疾患が、花粉症、気管支喘息、食物やハチ毒でのアナフィラキシーです。

遅発型アレルギー反応の代表的な疾患には、接触性皮膚炎があります。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す