花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーマーチ

アレルギーマーチの根本的要因はアトピー素因

アレルギーマーチは乳児期に多いアレルギーマーチの典型的な例としては、乳児期に牛乳、卵などの摂取により皮膚症状(湿疹やアトビー性皮膚炎)や消化器症状(下痢、腹痛、便秘など)がおこり、 生後6カ月頃になると喘鳴、1~2歳になると呼吸困難も加わって気管支喘息発作をおこすようになります。

この頃から食物抗原にかわってハウスダストなど吸入性抗原に感作されることが増えてきます。

気管支喘息は一部は7~8歳で治りますが、大部分は学齢期まで持ち越し、約70%が14~15歳までに治ります。

残りは成人型気管支喘息に移行しますが、この間アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎が発症したり、じんま疹が発症したりすることもあります。

このように次から次へとアレルギー疾患が形を変えて、進行してゆく傾向にあります。

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーになった人が必ず気管支喘息アレルギー性鼻炎に移行するわけではありません。このように、次から次に発症する確率が高いということです。

もちろん、途中で自然に治っていく場合もあります。

また、乳児期では、食物に関するアレルギーの影響が大きいですが、年齢が上がるにつれ(2歳くらいから)ダニやハウスダストによる感作も多くなってくるようです。

ダニ、ハウスダストに対する抗体は5~6歳で最大になりその後も同様な値を示します。

つまり、乳児期は食事に気をつけて、2歳以降はダニ、ハウスダストにも注意する必要があるということです。

アレルギーマーチは予防できる?

アレルギー疾患は「遺伝的要因」と「環境要因」が複雑にからみあい、発症していくものと考えられています。

まず、遺伝的要因には、「親がアレルギー疾患にかかったことがある」などの本来の遺伝的な要因と、成長にともなう生体側の要因があります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、免疫系や臓器が未発達であり、成長に応じて影響を受けるアレルゲンも変化していきます。

環境要因とは外部からの影響のことを指し、食べ物やハウスダストなどのアレルゲンへの接触(食べる、さわる、吸うなど)、大気汚染、受動喫煙、ウイルス感染などがあります。

成長に伴って変わるアレルゲン

成長にともなって、子供の行動範囲が室内から屋外に広がったり、食事メニューが変化したりすることで、接触するアレルゲンも拡大していきます。

このようなことから、子供の成長によって発症しやすいアレルギー疾患が変化する「アレルギーマーチ」が起こるのです。

例えば、乳児期に食物アレルギーを発症し、間もなくアトピー性皮膚炎、少し成長して喘息アレルギー性鼻炎などが出てくるというのがよく見られるパターンです。

もちろん個人差があり、アレルギー性鼻炎のあとに喘息が出たりすることもあるなど、みんなが同じ経過をたどるわけではありません。

また一方では、心身が大きく変化する子供では、成長にともなってアレルギー疾患が治る可能性もあるのです。

遺伝的にアレルギー疾患発症のリスクが高い人は、アレルギー疾患の予防のために、ダニやほこりなどのアレルゲンを除去するための環境整備や、ウイルス感染を回避するための手洗い、うがい、基礎体力向上などの対策を積極的に行うべきです。

しかし、アレルギー疾患の発症にはさまざまな要因があり、生活の中からそのすべてをとり除くことは非常に困難です。

またアレルギー疾患の発症には子供自身の要因も関係していることから、アレルゲンの除去は必ずしも発症予防につながるわけではありません。あくまでも発症のリスクを減らせるだけです。

さらに、いったんアレルギーマーチのスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは困難です。

そのため、発症要因の除去に予防的に取り組むことは大切ですが、アレルギー疾患の発症に「できるだけ早く気づくこと」と「適切な治療と管理により症状をコントロールしていくこと」が非常に重要なのです。

アレルギーマーチから脱出するには

アトピーや喘息は成長に伴って治ることもあるアレルギーマーチは、アレルギーの症状が年齢を重ねると共に変動していく状況の事ですが、その症状だけではなくその原因も症状と共に変動します。

ですので、アレルギー対策も、その時の症状と、考えられる原因によって違ってくるため、対策も変わってきます。ただし、これらの対策はあくまでも対症療法にすぎません。

アレルギーマーチから脱出するためには、もっと根本的な対策、アレルギー体質そのものを改善する必要があるのです。

アレルギー体質の遺伝的要因を取り除くことは不可能ですが、環境要因を取り除いていくことはできます。

環境要因と言っても、アレルゲンを除去するだけでは、完全に発症を予防することは困難であることは既に述べました。

アレルゲンの除去ではなく、もっと広い意味での環境要因です。環境、つまり生活習慣や食習慣を改善してアレルギー体質を改善するということです。

体質を改善すればアトピー素因がなくなるわけではありませんが、アレルギーを発症しないレベルにまではもっていけます。

実際のところ、アトピー素因を持っていてもアレルギーを発症しない人は数多く存在しますから。

生活習慣や食習慣を見直して改善していけば、アレルギー体質の改善、そしてアレルギー疾患の完治、アレルギーマーチからの完全脱出につなげることも決して不可能ではないのです。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す