花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

喘息(ぜんそく)は完治するのか?

「喘息は完治しない」が現代医学の見解

喘息を完治する方法喘息は、気道の炎症が慢性化した病気で、糖尿病や高血圧のような慢性病です。

大人の喘息が自然に治る、すなわち完治するケースは1割以下というデータがあります。

小児喘息の場合5割~7割と言われてはいますから、成人喘息は小児喘息に比べると、完治することが極めて難しいと言わざるを得ません。

多くの場合、一時的に喘息の症状が改善しても、かぜや疲れ、アレルギー性鼻炎などをきっかけにして、症状が再悪化する場合がほとんどです。

大人になってから一度喘息の症状が出てしまうと、一生つきあわなければならない場合も多くありますが、適切な治療を行えば症状が出ないようにすることや、薬の服用などを止めて家庭で経過をみる状況まで回復することは不可能ではありません。

喘息はたとえ完治しなくても、発作さえ起こさなければ通常通りの生活を送ることが可能なのです。

現在の喘息治療は気道の炎症を抑えて発作をできるだけ起こさないようにする予防的治療(コントローラー)が主体です。重ねて発作が起こったとき、速やかに改善させる対症的治療(レリーバー)を、重症度に合わせて行います。

大人になってから発症した喘息は、確かに一生付き合う必要のある病気かもしれませんが、治療を適切に行うことで投薬を一旦停止して通常通りの生活に戻ることも可能になります。

吸入ステロイド薬による喘息治療予防的治療の主体は気道の炎症を鎮める吸入ステロイド薬や、ロイコトリエン拮抗薬そして気管支を拡張するテオフィリンなどです。

吸入ステロイド薬は、成分が直接気管支に届くので効果が高く、使用量が少なくてすみ、毎日の使用にむいています。

特に大人の喘息の場合、発作の要因がどこに隠れているのか知るのはとても大切なことです。

大人は社会生活を送っていますので、子供よりも発作を引き起こす要因が非常に複雑です。

喘息日記をつけることで症状が起きるタイミングや状況を知り、発作を未然に防ぐことは非常に重要です。

また、ピークフローメーターという気道の詰まり状態を測定する装置を使って毎日の記録を付けることも喘息の状態を把握して症状をコントロールする上で非常に有効です。

喘息との付き合い方

吸入ステロイドが普及するに伴い、喘息の治療はコントロールが容易になり、治療に苦労する患者は減少しています。

しかし、吸入ステロイドを使用しても喘息が完全にはコントロールできない方がいることは事実です。

吸入ステロイドをいつまで継続するかは、現代医学においてまだ明確な結論はでていませんが、症状がコントロールされた時点で徐々に吸入量を減量し、最低量となった時点で経過観察を行い、喘息がコントロールされていれば治療を一旦終了するというのが標準的な治療法です。

現代医学においては、喘息を完治する治療法はまだ確立されていませんが、治療法を誤らず上手に付き合っていけば喘息は管理しやすい病気です。

しかし、治療法を誤ると肺機能が低下して酸素吸入が必要となったり、他のアレルギー症状を併発したり、場合によっては死に至ることもあります。

「喘息は完治する」が東洋医学の見解

自然治癒力で喘息は完治する東洋医学では、喘息は生活習慣病と一種と捉え、単に気道の炎症と定義するのではなく身体全体で判断します。

その原因は、人それぞれで、体内毒素、水毒、冷え、熱、湿気、自律神経の乱れ、等々…様々です。

その原因に合わせて漢方薬を処方し、長期にわたって体質の改善を図っていくのです。

体質改善の結果、自然治癒力がよみがえり、免疫力が正常化し、そして喘息の症状が出なくなって、再発の兆候も見られなくなった状態を「喘息が完治した」と言います。

⇒ 自然治癒力をよみがえらせて喘息を完治する方法

参考)
アレルギーは完治するのか?

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す