花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

喘息とは?

喘息(ぜんそく)の定義

吸入ステロイド薬で喘息を治療する少女いわゆる喘息(ぜんそく)とは気管支喘息(きかんしぜんそく)のことで、アレルギー反応や細菌・ウイルス感染などが発端となり、空気の通り道である気管支の炎症が慢性化、気道過敏性の亢進、可逆性の気道狭窄を引きおこし、発作的な喘鳴、咳などの症状をきたし呼吸が苦しくなる慢性の呼吸器疾患のことです。

このような発作性呼吸困難を訴え、喘鳴をともなうような疾患は種々ありますが、このような症状を呈した場合に、これを漠然と喘息と表現してきました。

日本アレルギー学会は、喘息ガイドラインで喘息を「慢性の気道の炎症性疾患」と位置づけました。

喘息の人の気道は、症状がないときでも常に炎症を起こしており、健康な人に比べて気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。

炎症が起こっている気道はとても敏感になっていて、正常な気道ならなんともないホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激でも狭くなり、気流が制限されて発作が起きてしまいます。 喘息の治療は、発作を起こさないための気道炎症を抑えたり、予防したりする治療が中心となります。

炎症による気道狭窄で気流が制限される状態は、軽症から死に至るくらいの重症なものまであり、治療により回復する症状の一つです。

しかし、この気流制限が慢性的に大人になっても症状が現れるようであれば、炎症と修復が何度も繰り返されているうちに気道の壁がだんだんと肥厚し、気道がもとに戻りづらくなってしまいます。そうなると少しの刺激にも過敏に反応するようになって喘息の発作が日常的に起こるようになります。

「ゼンソク」というと「小児喘息」、「アレルギー」と思い浮かべる方も多いと思いますが最近は成人にも少なくなく、必ずしもアレルギー体質の人だけがかかるとは限りません。

気道の炎症

喘息患者の気管支が収縮し易い(過敏性)のは、気管支に喘息特有の炎症が起きているためです。

この炎症の特徴は、気管支の粘膜がむくんで、白血球の一つである好酸球T細胞というリンパ球マスト細胞(肥満細胞)が集まり、粘膜の細胞が剥離した像が見えることです。

炎症が繰り返し起きると、繊維物質が増え、気管支を収縮させる平滑筋が肥大しさらに痰の元と成る粘液を分泌する腺も増えて気管支壁は厚く硬くなり、気管支の内径は次第に狭くなります。痰が多くなるとさらに気流は制限されて呼吸困難になるわけです。

喘息患者の気道

こうした炎症の結果、気管支粘膜を中心にいろいろなサイトカインや化学伝達物質など生理活性物質が放出され、気管支の過敏性が亢進すると考えられています。

喘息の治療は、気管支を拡張させるだけでなく、この気道の炎症を抑えることが大切です。

アトピー型喘息と非アトピー喘息

気管支喘息花粉症アトピー性皮膚炎などは、家族に多発することから遺伝的素因に基づいて発症する生まれつきの過敏症(アレルギー)であると考え、この素因をアトピーと呼ぶようになりました。

簡単にいえば、アトピーはアレルギーを起こし易い体質のことで、アトピー性皮膚炎の病名の由来もここにあります。

アトピー素因があるかどうかは、

(1) 家族歴と既往歴に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎のいずれかがあるか、

または

(2)IgE抗体を産生しやすい素因があるかで判定されます。

IgE抗体は、皮膚テスト陽性、血中の特異的IgE抗体の測定(RASTなど)の陽性、血清総IgE抗体の高値により証明されます。

アトピー型喘息は、吸入された家塵ダニ、カビ、花粉などにIgE抗体が反応して30分ぐらいの短時間で起きる即時型アレルギー反応によって発症する喘息です。

これに対して、アレルゲンに対するIgE抗体が証明できず即時型アレルギーではないメカニズムの炎症によって発症すると考えられる喘息を非アトピー型喘息といいます。

アトピー素因に関係する遺伝子の候補はいくつか報告されていますが、単一の遺伝子ではなく多くの遺伝子が関係していると考えられます。

アトピー型喘息と非アトピー型喘息の違い

喘息患者数の推移

喘息患者の数は、全国でおよそ150万人とも言われていますが、実にこの0.4%にあたる約6000人の方が、毎年、喘息の発作で呼吸困難となり死亡しています。

喘息の患者数は増え続けていて1960年代では、全人口に占める喘息患者の割合は、子供も大人も1%前後でしたが、最近の調査では小児喘息で約6%と6倍、成人喘息で約3%と3倍になっており、全体では400万人を超えています。

家屋構造の変化によるアレルゲンの増加、排気ガスや工場排煙などによる大気汚染、食品や住宅建材などの化学物質、長時間勤務による過労やストレスが増えたこと、清潔すぎる環境で免疫力が育たない、などが喘息患者数増加要因のひとつと考えられます。

「喘息では死ぬことはない」と思われている方もいますが、あなどると大変怖い病気ということが、この数字でもおわかりになられると思います。

喘息で死亡した人には、意外にも若年層が多く、また、重症な喘息患者に限らず比較的軽い患者にも、喘息発作で死に至るケースが多いことが特徴としてみられます。

気管支喘息は常に症状があるわけではなく、時間や体調、ストレスなどで強い発作が出たり出なかったりします。

ですから、本当の体の調子が主治医にうまく伝わらないことがあり、風邪と間違われ診断が遅れることもあります。

またダニの除去といった生活環境、習慣を改善する事で症状を軽くすることもでき、医師の治療だけでは不十分で自己管理が極めて重要な病気です。

喘息患者の年齢別割合

16歳以上の成人喘息患者を年齢別に分けてみると、50歳代が一番多く、次いで40歳、60歳代となっています。

年齢別の喘息患者の割合は、

1. 20歳前から発症した患者が20%、
2. 20~40歳の発症患者が30%、
3. 40歳を超えてからの喘息が50%、

となっています。

喘息ガイドライン

喘息予防・管理ガイドライン参考までに、喘息予防・管理ガイドラインでは、気管支喘息の定義を次のように示しています。

①自然にあるいは治療により可逆性を示す種々の程度の気道の狭窄。

②気道の過敏性が亢進。

Tリンパ球マスト細胞(肥満細胞)好酸球などの炎症細胞、気道上皮細胞、線維芽細胞をはじめとする気道構成細胞、及び種々の液性因子が関与する気道の慢性の炎症性疾患。

④持続する気道炎症は、気道傷害とそれに引き続く気道構造の変化(リモデリング)を惹起する。

さらに冒頭に、
気管支喘息(喘息)、とくに成人喘息では、治癒しないことを前提にして治療を計画し、状態を評価しながら実行することが求められる。そして治療の目標は、発作のない状態で健康人と同様の日常生活を送ることが出来る状態を維持することである。

と記されています。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す