花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

喘息ガイドライン

日本アレルギー学会の喘息予防・管理ガイドライン

喘息予防・管理ガイドラインあなたが喘息患者であり、喘息の症状に日々悩まされていて、その症状の改善を望んでいるのであれば、喘息ガイドラインという言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

喘息ガイドラインとは喘息の予防コントロール治療などについて、どのように対処するのが望ましいかという指針(方向性)を示したガイドラインです。

喘息のガイドラインは世界各国で発表されていますが、国際指針として世界的な標準(国際指針)となっているのはGINA(Global Initiative for Asthma)ガイドラインです。

日本における喘息予防・管理ガイドラインは1993年に日本アレルギー学会によって発表され、その後現在に至るまで改定を重ねてきました。

ガイドラインは喘息死が増加していることを問題視し、世界各国で作成公表されています。

いずれのガイドライントも喘息は気道の炎症と定義し、治療では吸入ステロイド薬を第一選択薬と位置づけ、ピークフローメーターによる自己管理を推奨しています。

つまり、現代医学においては、喘息は完治することが難しく、コントロールすること治療の目的なのです。

しかし、喘息は本当に完治不可能ののでしょうか?

現代医学においては完治が難しいというだけで、東洋医学では喘息は完治可能とされています。

では、西洋医学(現代医学)と東洋医学の違いは何でしょうか?

西洋医学

診断は病気・臓器を診て数値で判断する
共通性を重視する
病名・診断に応じた治療方法
薬や手術で局所的に治す、切除する
薬は化学的に合成された薬品を使う
副作用あり

東洋医学

喘息は自然治癒力で治す診断は身体全体を診て、症状を現象や肉眼で診断する
個人差(体質)を重視する
体の状態に応じた治療方法 
自然治癒力を高める治療
薬は生薬を使う 
副作用あり

どちらも一長一短あって、どちらがいいとか悪いとかは言えませんが、喘息のような慢性病を完治させるとなると東洋医学の方に分がありそうです。

ポイントは薬や手術で治すのではなく、「人体が本来持っている自然治癒力を回復させて、自然治癒力で治す」ということです。

体質を改善して、自然治癒力を回復させることができれば、喘息完治は十分可能なのです。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す