花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アトピー性皮膚炎の診断

アトピー性皮膚炎の診断基準

アトピーの診断は難しい?アトピー性皮膚炎」の診断基準は、厚生労働省や日本皮膚科学会が作成した治療ガイドラインによって決められています。

次にあげる3項目に当てはまる場合は、症状の軽い、重いにかかわらず、アトピー性皮膚炎と診断されます。

1.痒みがある

2.湿疹と症状の現れる部位にアトピー性皮膚炎の特徴がある。

アトピー性皮膚炎の湿疹は、左右対称に現れるのが特徴です。

また、年代によって、症状の現れる部位が異なります。

乳 児:主に顔や頭にできるが、ひどくなると、胸や背中、手足にも広がることがある。

子供:首の周りや、ひじの内側やひざの裏側など、関節の内側にできることが多い。

成 人:顔や首、胸や背中など、手でかきやすい部位に、症状の重い湿疹が多い。

3.湿疹が慢性化している

湿疹が慢性化し、よくなったり悪くなったり繰り返します。乳児では2ヵ月以上、子どもや大人では6ヵ月以上が目安になります。

症状が出てすぐにアトピー性皮膚炎と診断できるものではないですし、簡単に治ってしまうならアトピー性皮膚炎とは言えないのです。

さらに、アトピー素因があるかどうかも参考にします。

アトピー素因(=アレルギー体質)があるかで、家族にアレルギー疾患(気管支喘息アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎花粉症など)があると遺伝的に体質があると考えられ、また血液中のIgE抗体の上昇など血液検査で、アレルギー状態を判断します。

アレルギー検査は、この診断の一部を担っているだけで、これらを総合的に判断してアトピー性皮膚炎の診断をします。

遺伝要素は、アレルギー体質としてありますが、他にも皮膚自体の水分保持能力の少なさなどの防御機能の弱さなどもあります。

皮膚自体の「弱さ」やアレルギーによる皮膚の炎症で、皮膚がドライになり、かゆみが強くなり、掻くことでまた皮膚の傷となり、防御機能が低下していき、アレルギー反応も起こりやすくなる相乗効果があると考えられます。

つまり、皮膚がダニや食物も含めて、いろいろな刺激に対して過敏性が強い状態です。だから、皮膚が敏感なので多くの悪化要因が関係しています。

どういう経路がもっともアトピーに影響を与えているのかその人によりますので、当然食物アレルギーがない人でも皮膚防御機能の弱さが強ければ、アトピー性皮膚炎になり得ます。

つまり、アトピー性皮膚炎は、食物アレルギーだけが原因なのではありません。

食事制限のみしていても、皮膚が弱っているので、塗り薬などで皮膚をよくして、アレルギーも含めて、いろいろな悪化要因への対応をしないとよくなりません。

アトピー性皮膚炎は「皮膚の過敏性」(=いろいろな物に対して敏感な皮膚)が特徴と考えられます。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す