花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アトピー性皮膚炎の薬

アトピー性皮膚炎の外用薬

アトピーの治療にはステロイドが最もよく用いられるアトピー性皮膚炎に対する医療機関での薬では、主に外用薬(塗り薬)と内服薬が中心になります。

ステロイド外用薬

アトピー性皮膚炎は、名前の通り、皮膚の炎症ですから、皮膚の炎症を抑える薬が中心で、炎症を強力に抑えるのが、ステロイドです。

ステロイド副腎皮質ホルモンといい、本来、体の中にあるものです。

ステロイドの効果としては、

・炎症を抑える作用

ストレスに対抗する作用

などがあり、アトピー性皮膚炎の場合は「炎症を抑える」目的で、ステロイドが使用されます。

「ステロイド」と一言で言っても様々な種類、強さがありますので、アトピー性皮膚炎の症状、重症度に応じて変えます。

ステロイド外用薬は、その炎症を抑える作用から5つに分けています。英語の強さを活用し分類しています。

●スロトンゲスト(strongest:最も強い)

プロピオン酸クロベタゾール(商品名:デルモベード)

酢酸ジフロラゾン(商品名:ジフラール・ダイアコート)

●ベリーストロング(very strong:とても強い)

フランカルボン酸モメタゾン(商品名:フルメタ)

酪酸プロピオン酸ベタメタゾン(商品名:アンテベート)

フルオシノニド(商品名:トプシム・シマロン)

ジプロピオン酸ベタメタゾン(商品名:リンデロン-DP)

ジフルプレドナート(商品名:マイザー)

ブデソニド(商品名:ブデソン)

アムシノニド(商品名:ビスダーム)

吉草酸ジフルコルトリン(商品名:ネリゾナ・テクスメテン)

酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン(商品名:パンデル)

●ストロング(strong:強い)

プロピオン酸デプロドン(商品名:エクラー)

プロピオン酸デキサメサゾン(商品名:メサデルム)

吉草酸デキサメサゾン(商品名:ボアラ・ザルックス)

ハルシノニド(商品名:アドコルチン)

吉草酸ベタメタゾン(商品名:リンデロン-V・ベトネベート)

プロピオン酸ベクロメタゾン(商品名:プロパデルム)

フルオシノロンアセトニド(商品名:フルコート・フルゾン)

●マイルド(mild:中等度)

吉草酸酢酸プレドニゾロン(商品名:リドメックス)

トリアムシノロンアセトニド(商品名:レダコート・ケナコルト-A)

ピバル酸フルメタゾン(商品名:ロコルテン)

プロピオン酸アルクロメタゾン(商品名:アルメタ)

酪酸クロベタゾン(商品名:キンダベート)

酪酸ヒドロコルチゾン(商品名:ロコイド)

●ウィーク(weak:弱い)

プレドニゾロン(商品名:プレドニゾロン)

酢酸ヒドロコルチゾン(商品名:コルテス)

一方、ステロイドには、よく心配されるような副作用もあります。

ステロイド外用薬の副作用

皮膚が薄くなる(皮膚萎縮)

皮膚の下の血管が大きくなり、皮膚が赤くなる(「酒(しゅ)さ」と呼びます)

うぶ毛が濃くなる(「多毛」と呼びます)

にきび、毛の周りが赤くて痛い(「毛嚢炎(もうのうえん)と呼びます」)

湿疹の部分がジクジクしたり、痛くなったりします。

ステロイド外用薬は体の場所によって体内への吸入される率が異なります。

ステロイド外用薬の部位別吸収率

部位   比率(%)
前頭   6.0
頭皮   3.5
あご   13.0
わき   3.6
背中   1.7
手のひら 0.83
陰嚢   42.0
足首   0.42
足底   0.14

ステロイド外用薬の使い分け

通常は体(首より下)に使うステロイド薬はStrongクラス(中くらいの強さ)となり、少し炎症の強い湿疹ですとVery strongクラス(やや強い)のものを使うことが多くなります。

Strongestクラス(最強)は、非常に強いため副作用も出やすく、非常に炎症の強い湿疹に限って、期間を限定して使うべきでしょう。

注意点としては、顔面・陰部では血流がよくステロイドの吸収率が高いため、通常はStrongより1ランク弱いMildクラス(穏やか)の外用剤を使い、余程皮疹がひどい時には短期間Strongクラスも使います。

子供の場合、一般的に大人の場合より皮膚が薄くステロイドの吸収がよいとされていますので、体に対してはMildクラス、顔に対してはWeekクラスと大人より1段階強さを落とすのが理想です。しかしWeekクラスの単剤ステロイドは現在作られていないためMildクラスのものを間歇的に使用するか、薄めて使われることが多いようです。

免疫抑制剤(プロトピック)

プロトピック軟膏は、皮膚の赤みや腫れをおさえる塗り薬です。

皮膚の免疫を抑制することで、皮膚の炎症がしずまり、アトピー性皮膚炎の皮膚症状が改善します。

症状を取り去る対症療法薬ですので病気の原因そのものは治せません。しかし、皮膚をよい状態に導き、かきむしりによる悪化の悪循環を断つという点でも有効な薬です。

免疫に重要な働きをするTリンパ球を抑制する、つまり皮膚の免疫系の働きを低下させる免疫抑制剤と呼ばれる種類の薬です。

Tリンパ球は、体の中でウイルスなどの感染への防御してくれます。しかし、防御が強く働くと、炎症を起こしてしまいます。アトピーは皮膚の炎症ですから、その炎症を引き起こす原因の1つがTリンパ球です。

全身の副作用は少なく、主な副作用としては、使用初期(使用後1-2週間)にみられる皮膚のヒリヒリ感です。

アトピー性皮膚炎の内服薬

アトピーの治療に用いられる内服薬アトピー性皮膚炎の治療で使われる内服薬には、カプセル・錠剤・粉・シロップといった様々な形の内服薬があります。

抗アレルギー薬

抗ヒスタミン薬

ステロイド薬

免疫抑制薬

など

アトピー性皮膚炎の湿疹で最も辛いのが、痒みです。

その痒みを抑えるために、内服薬が使われます。特に、抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬が中心になります。

抗アレルギー薬

抗アレルギー薬は、アレルギーを起こす体内のたん白質を抑える作用があります。

湿疹を起こす化学物質(ロイコトリエンなど)を抑えたり、アレルギーを起こす白血球(好酸球など)の働きを抑えたりします。

副作用は少ないのですが、アトピーに効いてくるのに1ヶ月以上かかることがあります。

商品名:インタール・リザベン・ソルファ・アレギサール・ペミラストン・オノン・キプレス・シングレア・アイピーデイなど

抗ヒスタミン薬

ヒスタミンというのは、かゆみを起こしたり、鼻水を起こしたり、くしゃみを起こしたりする作用があります。

アレルギーを起こす物質(アレルゲン)が体に入ると、肥満細胞という白血球からヒスタミンが出てしまいます。

このヒスタミンの作用を抑えるのが抗ヒスタミン薬です。

一方、抗ヒスタミン薬の多くは、ヒスタミンとよく似た構造をしているため、脂肪に溶けやすい性質を持っています。

脳は脂肪が多いので、抗ヒスタミン薬が中枢神経へ行きやすいのです。

そのため、鎮静作用や眠気、めまい、倦怠感が副作用としてあります。

特に、第一世代の抗ヒスタミン薬は眠気が強く車の運転は非常に危険です。

第二世代の抗ヒスタミン薬にはこの副作用を押さえたものもあります。

商品名:

第1世代:ポララミン・レクリカ・タベジールなど

第2世代:ザジテン・アゼプチン・セルテクト・ゼスラン・ニポラジン・ダレン・レミカット・アレジオン・エバステル・ジルテック・リボスチン・タリオン・アレグラ・アレロック・クラリチンなど

ステロイド内服薬

炎症を抑える作用があり、その作用は強力です。

しかし、その分、副作用も強くなりますので、医師と相談の上、きちんと使いましょう。

商品名:プレドニン・リンデロン・デカドロン・セレスタミン(抗ヒスタミン薬との合剤)など

1~2日ぐらいでは大丈夫ですが、長期に服用すると、以下にあげる副作用が問題になります。

ステロイド内服薬の主な副作用

肥満

易感染性(「いかんせんせい」と呼びます。感染症になりやすい)

緑内障・白内障(目が見えなくなる)

骨粗鬆症(「こつそしょうしょう」と呼びます。骨がもろくなる)

低身長

など

重症のアトピー性皮膚炎になりますと、経口ステロイド(内服薬)を使用します。

免疫抑制内服薬

免疫に重要な働きをするTリンパ球を抑制するので、免疫抑制薬(免疫調整薬(めんえきちょうせいやく))と言われています。

Tリンパ球は、体の中でウイルスなどの感染への防御してくれます。

しかし、防御が強く働くと、炎症を起こしてしまいます。

アトピーは皮膚の炎症ですから、その炎症を引き起こす原因の1つがTリンパ球です。

内服薬では、「プロトピック」の内用薬である「プログラフ」と、「ネオーラル」の2種類があります。

内用薬は主に、臓器移植のときに使用されます。内服薬は全身副作用のため、重症のアトピーでまだ研究段階です。ともにTリンパ球の機能を抑えます。

免疫抑制薬の主な副作用

易感染性(「いかんせんせい」と呼びます。感染症を起こしやすくなります)

腎障害(じんしょうがい)

多毛(たもう)

免疫を抑制するために癌など発生しやすい

など

このように、アトピー性皮膚炎には様々な予防法・治療法に加えて、外用薬、そして内服薬が使われます。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す