花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー検査

アレルギー検査の目的

アレルギー検査によりアレルゲンをはっきりさせてから治療方針を決めるアレルギー検査の目的には、

①抗原となるアレルゲン(原因物質)を同定することと、
②病気の重症度や病状をみる

という2つの側面があります。

食物アレルギー接触アレルギーでは原因を回避することにより改善しますが、アトピー性皮膚炎喘息等の多因子性のものではアレルゲンを避けるだけではなく、スキンケア、環境や食習慣などの改善も大切です。

アレルギーとは身の回りの物質に対して、免疫アレルギー反応を起こして出る症状です。

アレルギーはつらい症状が起きてから対処するよりも、未然にあるかどうかを知ることによって回避することが大切です。

自分では何にアレルギーがあるのかわからない場合や、アレルゲンを特定したい場合、アレルギー検査を受けることが必要です。

アレルギー反応の概要をつかむための検査には、IgE抗体検査皮膚テスト血中好酸球数などがあります。

IgE抗体検査

IgE抗体検査でアレルゲンを特定IgE抗体免疫グロブリンの1つで、主として即時型アレルギー反応を引き起こすことに関与しています。この検査では何に対するIgE抗体を産生しているかを知ることができます。

ですので、原因食品を特定する時に行います。採血する必要がありますが、一度に複数の食品を調べることができる比較的簡単な検査です。皮膚テスト経口負荷試験と違って事前に抗ヒスタミン薬抗アレルギー薬ステロイド薬を中止する必要がありません。

IgE抗体は、即時型アレルギー反応を引き起こす抗体で、一般的な血液検査アレルゲンに特異的なIgE抗体を測定することができます。

血液中に存在するIgE抗体の総量を示すのが血清IgE抗体値非特異的IgE抗体値とよばれるものです。そのIgE抗体がどのようなアレルゲンに対して反応するのかを測定するのが特異的IgE抗体測定です。

現在200種類以上のアレルゲンに対する特異IgE抗体を測定することができます。

測定値は、クラスという段階的に量をわかりやすく示す方法でクラス0~6まで7段階で示す方法がとられています。

欠点は特異的IgE抗体値が陽性でも実際に食べても症状が出ないいわゆる偽陽性が多いという点です。

特異的IgE抗体の値が高いということは症状が出る可能性が高いことを意味していますが、その食品を食べても必ずしも症状が出るとは限りません。逆に陰性でも全員無症状が出ないわけではありません。

食物アレルギーには、IgE抗体が重要になるI型と、IgE抗体が重要にならない非I型とがあり、血液検査で陰性であっても食物アレルギーである場合があるからです。

逆に食物アレルギーが改善していて食事の制限をしなくてもよい状態であっても、多くの場合血液検査では陰性化しません。

また年齢や食品によって同じ値でもアレルギー症状が出現する確率は異なります。

アレルゲンによる感作の状況を診ている検査で診断の参考にしていると考え頂くのがいいでしょう。

健康保険の範囲内で測定できるアレルゲン数は、測定方法によっても異なります。主治医とよく相談して検査するアレルゲンを選びましょう。

皮膚テスト

プリックテスト

Ⅰ型アレルギー反応(免疫グロブリン Ig のうちの1つである IgE を介して起こる即時型の反応)のアレルゲンを知ることができます。気管支喘息蕁麻疹アレルギー性鼻炎花粉症アレルギー性結膜炎アトピー性皮膚炎食物アレルギー薬剤アレルギーなどの原因アレルゲンを調べたいときに行います。

出血や痛みもほとんどなく、ごく少量のアレルゲン量で行うことができますので、皮内へアレルゲンを注射する皮内テストよりも安全で、一般的に広く行われている検査です。また、この検査は血液検査によるアレルゲンチェックよりも安価で、その場ですぐに結果が出るというメリットがあります。

検査の方法は、まず前腕の皮膚に細い針で、浅く傷をつけます(プリック)。そこに草木の花粉、カビの胞子、ほこり、動物のフケ、食物などの抽出物から作られたアレルゲンエキスを1滴ずつ落とします。

15~20分後、これらの物質に対してアレルギーがあれば、プリック部は赤味を帯びて中央が盛り上がり(膨疹)、かゆみがでてきます。膨疹が5mm以上、その周囲の明らかに赤くなっている部分(紅斑)が10mm以上なら陽性と判定します。

検査の前には抗アレルギー薬抗ヒスタミン薬は飲んではいけません。検査での反応を抑えてしまう場合があるからです。

また実際にアレルギーがあってもテストで陰性である場合(偽陰性)や、逆にアレルギーがないのにテストで陽性にでる場合(偽陽性)もあるため、症状と不一致である場合は、特異IgE抗体の測定(血液検査によるアレルゲンチェック)などの他の検査結果と合わせて、総合的な判断が必要になります。

パッチテスト

遅発型アレルギー反応を見る検査がパッチテストです。

アレルギーには1~4型があります。そのうち皮膚に関与するアレルギーは主に1型と4型です。1型は即時型アレルギー、4型は遅延型アレルギーと呼ばれます。

簡単に言うと、じんま疹は1型アレルギー、接触皮膚炎(かぶれ)は4型アレルギー、アトピー性皮膚炎は1型+4型アレルギーと考えられています。

このうち4型アレルギーの診断に必要な検査がパッチテストなのです。

皮膚にアレルゲンである疑いのあるものを貼付して、皮膚の反応を調べる検査です。皮膚表面に、アレルゲンエキスのついたシールを貼りつけて48時間まで観察します。48時間後に貼ったシール部分が腫れていれば陽性です。

食物除去試験

食物除去試験は、アトピー性皮膚炎慢性蕁麻疹の原因として食物アレルギーを疑った場合に行われます。

疑わしい食品を2から4週間完全に食べないように(除去)して症状が改善するかどうかを観察します。

医師と相談して除去期間などを決めて、場合によっては食物日誌を記入し、症状の変化を注意して観察します。

もし症状が改善した場合には、可能ならば確定診断のために食物負荷試験を行います。原因として疑われる食品をあえて食べさせるということで、注意深く観察しながら行う必要があります。

食物経口負荷試験

食物除去試験とは逆に、アレルゲンの疑いのある食物を与えることで、原因となる食物を特定する試験もあります。

食物経口負荷試験という検査で、手間と時間がかかるだけでなく、症状が出現したときの緊急処置ができる準備を整えて行う必要があります。

簡単に言えば、実際に食べてみて症状を観察する方法で、非常に原始的な手段ですが、食物アレルギーの診断においてこの方法が正確な結果が得られるといわれています。

試験の方法は病院によって少し異なりますが、基本的にはごく少量から始めて、15から20分ごとに量を増やしながら繰り返し食べていく方法がよく行われています。

入院で行う食物負荷試験は、平成18年4月から、必要な条件を満たした施設が保健所に届け出して認められれば、保険診療として認められています。

しかし、この試験は方法として確実ではありながらも、あえて危険なアレルゲンを口にするということで、危険が伴うのがデメリットです。原因食品と疑われる食品を実際に口にするわけですから、ショック症状など重篤なアレルギー症状を引き起こす危険性があります。ですので、経口負荷試験に熟練した医師の監督下で慎重に行う必要があります。

明らかにアレルギー症状を引き起こすと判断される食品(例;数カ月以内に食べてアレルギー症状が出現したというエピソードがある等)はこの検査をする必要はありません。

実施する場合は絶対にご家庭などでは行わず、専門医のいる病院で医師などの観察のもとに受けるようにしてください。

アレルギー検査で陽性になった場合

もしアレルギー検査で陽性反応が出た場合でも慌てる必要はありません。アレルギー検査の結果が陽性であっても実際には食べられることがあり、その反対で偽陽性や陰性なのにアレルギー反応が出ることもあります。

例えば、食物アレルギーかどうか判定する場合は、血液検査だけで確定することは難しく、他にも食事日誌や除去試験や負荷試験などを行って総合的に判断する必要があるのです。

例えば、生後8ヶ月の乳児が血液検査で卵白の反応が陽性であっても、卵の完全除去(卵製品全てを食べない)治療を行うことなく、多くの乳児のアトピー性皮膚炎は改善していきます。

プリックテストも同じく正しく反応が起こらない場合もあります。一つの検査の結果だけでは完璧では無いため、他の検査方法も試してから判断してもいい場合だってあります。

アレルギー検査でアレルゲンが判明しない場合

明らかにアレルギー症状があるのに、IgE抗体が検出されない場合があります。

IgE抗体が検出される場合をアトピー型IgE抗体が検出されない場合を非アトピー型と言います。

気管支喘息では、成人の50%、小児の20%には、IgEが検出されない非アトピー型と言われています。
 
非アトピー型では、アレルゲンが特定できませんが、運動、寒暖差、タバコの煙、天候の変化、気圧の変化、ウイルス感染など、様々な誘因で症状が引き起こされます。

アトピー型非アトピー型も、アレルギー検査IgE抗体が検出されるかされないかの違いだけで、症状は同じです。過敏な体質であるという事に変わりはありません。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す