花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー性結膜炎の原因

アレルギー性結膜炎のアレルゲン

アレルギー性結膜炎の原因として考えられるものアレルギーとは、ある特定の物質に対して免疫が過敏に反応することをいい、原因となる物質が結膜に入ると、かゆみや充血が起こりアレルギー性結膜炎を発症します。

アレルギー性結膜炎とは、目の表面に花粉などのアレルゲンアレルギー反応を引き起こす物質)が付くことによって、結膜にかゆみや充血などの症状を引き起こす疾患です。結膜とは、まぶたの裏側と白目の部分のあいだの粘膜のことを指します。

結膜は外気にさらされ、異物が付着しやすいのですが、常に涙で潤され、涙や目やにで異物を排除するしくみになっています。しかし、とくにアレルギー体質を持つ人では、この異物に反応してアレルギーが起こります。

目のかゆみや充血、ゴロゴロとした異物感、涙、目やになどが主な症状です。目やには、水のようにサラサラとしているのが特徴です。また、まぶたの裏にブツブツができることもあります。

このような症状は、アレルゲンに対するアレルギー反応が起こることで現れます。アレルギー反応が起こると、肥満細胞からヒスタミンなどの物質が分泌され、これらの物質が目の神経や毛細血管などを刺激します。これにより、かゆみや充血などの炎症が引き起こされるのです。

特定の物質によりアレルギー反応が起こる人と起こらない人がいるのは、人により免疫反応に差があるためです。免疫反応とは、体内に入ってくる異物を排除しようとする体の働きです。本来、花粉などは異物と認識されなくなっているのですが、体質によってはこれを異物と判断してしまい、免疫反応が過剰に働いてしまいます。この過剰な免疫反応が、アレルギー反応なのです。

季節性と通年性で原因は異なる

アレルギー性結膜炎は、花粉症のようにある時期だけに起こる「季節性アレルギー性結膜炎」と、季節を問わず年間を通して症状が現れる「通年性アレルギー性結膜炎」に分けられます。

また、子供に多い「春季カタル」や、コンタクトレンズを使っている方によく見られる「巨大乳頭結膜炎」、そしてアトピー性皮膚炎の人に起こる「アトピー性角結膜炎」も、アレルギー性結膜炎に属します。

季節性アレルギー性結膜炎の代表は花粉症。2~4月のスギのほかにも4~10月にはイネ科のカモガヤ、9~10月はキク科のブタクサ、セイタカアワダチソウ、ヨモギなど、ほかの植物の花粉によるアレルギーもあります。

通年性アレルギー性結膜炎は年中炎症が起こるもので、ダニが原因になることが多いようです。

春期カタルアレルギー性結膜炎の重症型で、子供に多く、自然に治ることがほとんどです。ただ、かゆみが強く、結膜のブツブツや角膜(黒目)の傷のために異物感や痛み、涙が出て日常生活に支障が出ます。たいていの場合、ダニアレルギーが背景にあります。

巨大乳頭性結膜炎はまぶたの裏側にブツブツができるもので、コンタクトレンズの汚れが誘因となります。

アレルギー性結膜炎の原因(抗原)としては、通年制のアレルギー性結膜炎にはほこりやダニ等のハウスダストやカビ、季節性のアレルギー性結膜炎には花粉が考えられます。

アレルギー性結膜炎は、重症になると視力に障害をきたすこともあるため、決して軽視してはいけない疾患です。

ハウスダストには目のアレルギーの原因となりやすいダニ(チリダニ)が生息し、カビの胞子も含まれています。

このダニは体長0.2mmぐらいで、人を刺すことはありませんが、ダニは生きていても死んでいても過敏性のある人のからだに入るとアレルギーを起こします。

人の「フケ」を栄養源にしており、居間、寝室、子供部屋などの人が長時間いるところに繁殖します。

また、住宅の気密性が高くなったため、通気性が悪くなり、ダニやカビが住みやすい環境になったうえ、家の中にはカーテンや絨毯、ソファ、毛布等、ダニの生息しやすい環境が多くあります。

他にイヌやネコ、小鳥など室内で飼っている動物の抜毛やフケも通年性アレルギー性結膜炎の原因になります。

現在、日本ではアレルギー患者が増え続けています。

すでに国民の半数が、なにかしらアレルギー性の病気をもっていると言われており、国民の15%~20%がアレルギー性結膜炎花粉症を含む)という統計もあります。

参考)日本人の2人に1人がアレルギー 日本人の15%~20%はアレルギー性結膜炎

特に眼球は物を見るために外界にさらさせる必要があり、常にアレルギーの原因物質「アレルゲン」にさらされているのでアレルギーになるリスクは高いと言えます。

アレルゲンを特定する検査

アレルギーかどうかは目やにを顕微鏡で見る検査でわかります。また、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)は皮内反応や血液検査によって特定します。

皮内反応はアレルゲンの抽出物を小さなひっかき傷を作ってつけたり、皮膚に注射をしたりするもので、赤くなったら、それがアレルゲンということになります。

アレルゲンに反応する物質の量を測定する血液検査(RAST)も同時によく行われます。確定診断には点眼麻酔をしたうえで結膜を少しこすり、取った物質を調べることもあります。

治療の基本は抗アレルギー点眼薬です。かゆみが強いとき、即効性を期待するときには抗ヒスタミン作用のあるものが処方されます。効果が出るまでに数日かかるので、毎日使うことが大切です。

アレルギー性結膜炎(花粉症)症状が重い人や毎シーズン繰り返す人には、花粉の飛散前に抗アレルギー点眼薬抗アレルギー内服薬が予防に使われることもあります。

かゆみや目やにがひどいときにはステロイド点眼薬が処方されます。ステロイド点眼薬は副作用として眼圧が上がることがありますので、定期的なチェックが必要です。

2種類以上の目薬を処方されたときには、5分以上間をあけて点眼しましょう。重症の人には抗アレルギー内服薬が処方されることもあります。

ドライアイの人やコンタクトレンズを使っている人は防腐剤の入っていない人工涙液で花粉などのアレルゲンを洗い流すのも有効です。市販の洗眼薬には防腐剤が含まれているので、使う際には眼科医に相談してからにしましょう。

コンタクトレンズを使っている場合は、アレルギー性結膜炎の出ている間は眼鏡に換えるか、装着時間を最低限にします。使い捨てタイプなら、アレルゲンがくっついても捨てられるので便利です。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す