花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー性結膜炎の定義

アレルギー性結膜炎とは?

アレルギー性結膜炎の定義結膜は、上下のまぶたの裏側と、白目の表面をおおっている半透明の膜です。ここに炎症が起こって充血やかゆみ、涙や目やにが出てくるといった症状を起こすのが「結膜炎」です。

結膜炎の原因としては、ウイルスや細菌による感染 もありますが、外から入ってくる異物に対して、体が過剰に反応するアレルギーによって起こることもあります。

これを「アレルギー性結膜炎」といいます。

つまり、アレルギー性結膜炎とは目のかゆみ、流涙、めやに、異物感、結膜充血、浮腫、まぶたの腫れなどの症状をともなう、アレルギー反応によっておこる結膜炎です。

日本人のおよそ15~20%がかかっていると推定されており、近年その患者数はますます増えていると考えられています。

アレルギー性結膜炎には、花粉症として知られている「季節性アレルギー性結膜炎」、ダニやハウスダストなど1年を通して存在するものが原因となる「通年性アレルギー性結膜炎」、そして春から秋にかけて症状が悪化し、冬には良くなるということを繰り返す「春季カタル」などがあります。

アレルギー性結膜炎は花粉や住まいの中にあるほこり、ダニやカビ等が原因になって起こりますので、アレルギー性結膜炎にならないようにするには、それらアレルギーの原因物質に接触しないように日常生活を工夫する必要があります。

これらの原因物質をアレルゲンと呼びますが、特に住まいの中にあるほこりを、専門的にはハウスダストと呼んでいます。

最近では、このハウスダストによるアレルギー性結膜炎も含めたアレルギー疾患が急増しています。

花粉によるアレルギー性結膜炎には季節性がありますが、ハウスダストは1年中室内にあるため、いつアレルギー性結膜炎を発症してもになってもおかしくありません。

したがってこのアレルギーを「通年性アレルギー性結膜炎」と呼び、季節性アレルギー疾患である花粉症と区別しています。

結膜は外からの刺激や異物にさらされやすい組織で、涙などでいつもぬれています。

ですから、ハウスダスト花粉がくっつきやすく、アレルギーが起こりやすいのです。

くしゃみ、鼻みず、鼻づまりといったアレルギー性鼻炎の症状をともなうことがしばしばあります。

アレルギー性結膜炎の予防と対策

アレルギー性結膜炎の予防には花粉症予防用のゴーグルアレルゲンが花粉の場合は、症状の出現しやすい季節にできるだけ花粉と接しないように工夫することが重要です。

ゴーグル型の眼鏡や花粉症予防用のマスクの着用が最も効果的です。

花粉が飛びやすい日は外出や洗濯物などを外に干すことを避けたり、外出から帰宅したときには服についた花粉を十分に落とすようにしましょう。

目を洗うことは目を傷つけてしまうこともあるため、あまり勧められません。洗顔して目の周りを洗うことはよいでしょう。

ハウスダストの場合は、部屋の清潔を心掛けたり、寝具を干したりするのも効果的です。また動物を屋内で飼うことは避けたほうがよいでしょう。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す