花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー性結膜炎の薬

アレルギー性結膜炎の治療薬は点眼薬が中心

アレルギー性結膜炎の治療薬アレルギー性結膜炎の治療には抗アレルギー薬が主として用いられています。これはアレルギー反応を抑えるで、通常目薬として使用します。

アレルギー性結膜炎に処方される点眼薬には、抗アレルギー点眼薬副腎皮質ステロイド点眼薬ステロイド)があります。

抗アレルギー点眼薬は、抗ヒスタミン作用を主とするもの(ヒスタミン拮抗薬)と抗ヒスタミン作用を示さないがヒスタミンなどの化学伝達物質(ケミカルメディエーター)の遊離抑制作用を主とするもの(ケミカルメディエーター遊離抑制薬)に分類されます。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬はすでに起こっているアレルギー反応には無効ですが、季節性アレルギー性結膜炎の場合、アレルギー反応が反復するので一定の有効性が期待できます。

一方、抗ヒスタミン作用を有するヒスタミン拮抗薬は、すでに起こっているアレルギー反応にもすばやく効果を発揮し、かゆみや充血などの症状を速やかに改善します。

アレルギー性結膜炎には、まず抗アレルギー点眼薬を第一選択薬として使用します。症状が強い場合は内服薬やステロイド点眼薬を併用することもあります。

ステロイド点眼薬は、適切に使用すればとても効果の高い薬ですが、目に使用すると緑内障などの副作用が現れることがあるので、使用にあたっては注意が必要です。通常ステロイド点眼薬は、症状が軽くなれば中止するか点眼回数を減らすようにします。

それでも、強いかゆみなどで日常生活や仕事に差し支えがある場合は、抗アレルギー薬を飲み薬として服用することもあります。

最も重症な春季カタルには、臓器移植の拒絶反応を抑えるための薬である免疫抑制薬の目薬も使われます。

以上のような治療法は、症状を鎮めるための「対症療法」というものですが、これに対しアレルギーの元を絶つ原因療法減感作療法があります。

原因となる抗原が検査ではっきりと分かっている患者に対し、その抗原を低い濃度から徐々に高い濃度まで時間をかけて注射することによって、からだが反応しないように慣らしていく方法です。

ある程度の効果のあることは分かっていますが、最低半年間、毎週通院する必要があります。

そしてさまざまな抗原、例えばダニやハウスダストなどによってアレルギーが起こる方にも行える方法です。

眼科で処方される点眼薬

ステロイド点眼薬「フルメトロン(フルオロメトロン)」

フルメトロン(フルオロメトロン)はステロイド点眼薬です。ステロイド点眼薬は抗炎症作用に優れており、さまざまな炎症性の眼疾患に対して処方される目薬です。

フルメトロン(フルオロメトロン)には、フルメトロン(フルオロメトロン)点眼液0.02%とフルメトロン(フルオロメトロン)点眼液0.1%の2つの製品があります。

この2つの違いは成分の濃度。症状が強い人や成人に対してはフルメトロン(フルオロメトロン)点眼液0.1%を処方される傾向が強く、中学生年代程度の小児や症状が軽い患者にはフルメトロン(フルオロメトロン)点眼液0.02%を処方される傾向があります。

アレルギー性結膜炎で一番に出されることは少ないですが、医師によっては、はじめにきちんと症状を抑えるために、早いうちから出されることもあるようです。

ステロイドといえば、高い効き目と共に副作用が怖い薬だという認識を持っている人も多いと思います。もちろん、医師とのカウンセリングによって、きちんと処方されたものならば問題はありません。

正しく使用していれば安全に使用できますが、長期間の使用や使いすぎによって副作用があらわれることがあります。
主な副作用として、眼圧上昇、結膜充血、眼刺激感などの症状があらわれ、さらにひどくなると緑内障なども引き起こされる可能性があります。

フルメトロン(フルオロメトロン)は安全性が高い薬ではありますが、使用には医師の指示に従うことが大前提です。特に長期間使用する場合は必ず医師と相談してください。

抗アレルギー点眼薬「パタノール」

アレルギー性結膜炎診断された場合に、最もよく処方される目薬です。アレルギー症状の原因物質を抑え、抗ヒスタミン作用抗アレルギー作用が期待できます。症状を和らげたり、消失させたりするための目薬です。

アレルギー性結膜炎の治療をしている間は、できることならば、目薬に関係なくコンタクトレンズは控えておいたほうがいいですが、パタノールなど、抗アレルギー薬の場合は、コンタクトをしたままの点眼でも問題はありません。

ただし、傷をつけないように、また清潔に保てるようにめがねを利用する。ワンデイタイプのものにするなど工夫をしましょう。

パタノール点眼薬は、予防効果だけでなく即効性がある点眼薬です。またパタノールは、第2世代抗ヒスタミン薬に分類され、ヒスタミンH1受容体拮抗作用、ヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学物質遊離抑制作用の効果があります。

抗アレルギー薬「アレジオン」

アレジオン点眼薬は、抗アレルギー薬が配合されている目薬です。アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの体内物質の働きをおさえる作用があります。そして、目のかゆみ、結膜充血、涙目、目やに などアレルギー性結膜炎にともなう諸症状を改善します。アレルギー性結膜炎花粉症によく処方されます。

「アレジオンR点眼液0.05%(成分名:エピナスチン塩酸塩)」は、2014年12月からコンタクトレンズをつけたまま点眼ができるようになりました。(※基本的には、コンタクトを外した状態で使用することをお勧めします)

通常目薬を差す場合、コンタクトレンズを外してから点眼する必要があると言われています。この理由の一つは、点眼液に使われている防腐剤「ベンザルコニウム(ベンザルコニウム塩化物)」が、ソフトコンタクトレンズに吸着し、目に悪影響を及ぼす恐れがあるからです。アレジオン点眼液は、他の点眼液に先駆けて防腐剤を「ベンザルコニウム」から「リン酸水素ナトリウム水和物」及び「ホウ酸」に変更し、ベンザルコニウムを使っていない製剤として知られています。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す