花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー性結膜炎の症状

結膜が充血していればアレルギー性結膜炎?

アレルギー性結膜炎の諸症状アレルギー性結膜炎とは、目の表面に花粉やハウスダストなどのアレルゲンが付着することで、結膜に炎症をきたしたものをいいます。目のかゆみ、充血、目やにの増加などが主な症状です。

結膜が充血しているからアレルギー性結膜炎とは限りませんが、充血があればアレルギー性結膜炎の可能性があります。

結膜とは、白目の部分とまぶたの裏側を覆っている粘膜です。結膜は眼球の裏側へ外部からの異物が入り込まないように、眼球前方の表面から折り返すようにしてまぶたの裏に繋がっています。まぶたを開いている間は常に外部にさらされているため、結膜はとても刺激を受けやすい部位といえます。また、眼球を守るためにいつも涙で湿っているので、細菌やウイルスの繁殖には好条件といえる場所なのです。

症状は多彩であり、例えば、目の充血、かゆみ、涙目、めやに、痛み、異物感、まぶたの腫れや赤み、目が開きづらい、かすみ目、コンタクトレンズが急に汚れる・曇る・ずれやすくなるなどで、ひどいケースでは白目の表面がぶくぶくに水ぶくれを起こす場合もあります。

人によっては、まぶたまで赤くなったり、腫れたり、まぶたの皮膚がかゆくなったり、かさかさになったりすることもあります。これは結膜がまぶたの裏側にもあり、結膜炎の炎症がまぶた全体に広がるためです。また、まぶたの皮膚は敏感なので、目の結膜炎とは別に花粉がまぶたの皮膚につくことで直接的なアレルギー反応や、かゆさでこすったりすることによる皮膚荒れなどで上記の症状が出る場合もあります。

症状が軽い場合は、自覚症状に乏しく、検査時にたまたまアレルギー性結膜炎診断されることもあります。

コンタクトレンズは使わない方がいい

コンタクトレンズを使用しているとアレルギー性結膜炎の症状は強く出ることがありますが、その理由はレンズの汚れにあります。

目の潤いを保つ涙液の中には、タンパク質や脂質などが含まれていますが、それらがコンタクトレンズに付着すると、やがてレンズの汚れとなります。

タンパク質や脂質には吸着性があるため、空気中に浮遊している花粉や微生物を目に引き付けやすくなってしまうのです。

さらに、アレルギー性結膜炎によるかゆみで目をこすってしまうことにより、目の粘膜が傷つき、細菌による感染症を起こしてしまう危険性が高くなります。

アレルギー性結膜炎の患者はコンタクトレンズを使わないことが望ましいですが、どうしても使いたい場合は、できる限り清潔に保つことが大切です。

そのため、毎日新しいレンズに取り替えることで、レンズの汚れを軽減し清潔に使い続けられる、1日使い捨てコンタクトレンズアレルギー性結膜炎には最適と言えます。

アレルギー性結膜炎の症状を緩和する方法

目を冷やす

かゆみがある時は炎症をおこしている時なので、冷やしてあげることは一時的とはいえかゆみを和らげるのに有効です。目を閉じて、冷えたタオルなどをまぶたの上に乗せ目を冷やしましょう。

ゴーグルの着用

ゴーグルというと、水泳の時に使うゴーグル、スキーの時に使うゴーグルなどスポーツ用のものを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、アレルゲンを防ぐためのゴーグルも存在しています。

花粉症の季節にはよく目にしますよね。花粉がアレルゲンとなってアレルギー性結膜炎の症状が出ている場合には、ゴーグルをして花粉を防ぐことでアレルギー性結膜炎も予防できます。

ゴーグルは、すでにアレルギー性結膜炎が起こっている場合に目を保護するという役割も持っています。最近では、視力の悪い方のために度入りのゴーグルも販売されるようになりました。

ゴーグルとは言っても大きなもの、目立つものではありません。眼鏡として日常的に使うことが出来ます。

洗浄液で洗眼

目には意外と汚れが溜まっていると言われています。いくらまばたきで目に異物が入るのを避けていても、目の中に微細なアレルゲンが侵入する、居座る可能性はあります。そこで一手間かけたいのが目の洗浄です。

目の洗浄液は薬局などでも販売しています。この洗浄液で1日1回でも目を洗浄し、汚れを落とす癖をつけておくと、アレルゲンが入ってきてもすぐにそれらを洗い流してアレルギー性結膜炎を予防することが出来ます。

爽快感のあるタイプのものであれば、アレルギー性結膜炎の初期のかゆみを緩和することも可能です。

ただし、目の洗いすぎには注意が必要です。目を洗うとスッキリするため市販の洗眼液を多用している人が多いですが、洗いすぎると目を守っている必要な涙の成分までも洗い流してしまうため目のトラブルの原因になります。洗眼液を用いる場合は多用し過ぎないように気をつけましょう。

目薬を使う

目の症状は眼科を受診するのが一番なのですが、受診する時間がないという場合は市販の目薬でしばらく様子を見てみるのもよいでしょう。もちろん目薬ならどれでもいいというわけではありません。

アレルギー性結膜炎ならば抗アレルギーの目薬を、ものもらいがある場合は抗菌の目薬を、ドライアイの場合はドライアイ用の目薬をというように症状に適した目薬を使用することが大切です。

しかし市販薬では効き目にも限度があります。抗アレルギー点眼薬を使っていてもかゆみが止まらない場合は、ステロイドが入った点眼薬を併用してかゆみを抑えることもあります。

ストロイド点眼薬は、効果は高いものの長期間使用すると目の圧力(眼圧)をあげてしまうという副作用もありますので、使用の際には眼科医の診察とその後の経過フォローも重要になってきます。

目をこするのは逆効果

かゆみがあるとついつい目をこすってしまいますが、これは実はしてはいけない行為なのです。こすってもかゆみはよくならないどころか、逆に悪化させてしまったり角膜に傷をつけてしまったりする事もあるのです。

また女性の場合は目をこすった時にマスカラなどのアイメイクも一緒に落ちてしまい、それが目の中に入ることで細菌感染の原因にもなりえます。

また、強く目をこすると白目が水膨れのような状態になる結膜浮腫を起こす場合もあります。アレルギー性結膜炎の人に多い症状でこすった事による刺激が原因とされています。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す