花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー性結膜炎の治療

アレルギー性結膜炎治療の基本

アレルギー性結膜炎の治療法現代医学におけるアレルギー性結膜炎の治療の基本は、薬物療法となります。薬物療法の目的は、日常生活に支障がないように、痒みの症状を軽くすることが中心となります。

治療には、抗アレルギー点眼薬抗ヒスタミン薬ケミカルメディエータ遊離抑制薬)が、主に使われます。

重症の場合には、ステロイド点眼薬免疫抑制点眼薬などを使用して治療する場合があります。

ホルモンの薬である副腎皮質ステロイド薬は、適切に使用すればとてもすぐれた薬ですが、目に緑内障などの副作用が現れることがあるので、治療にあたっては注意が必要です。

それでも、強い痒みなどで日常生活や仕事に差し支えがある場合は、抗アレルギー薬を飲み薬として服用することもあります。

最も重症な春季カタルには、臓器移植の拒絶反応を抑えるためのである免疫抑制薬目薬も使われます。

アレルギー性結膜炎の初期療法

アレルギー性結膜炎花粉症」と思っている人も多いと思いますが、アレルギー性結膜炎の原因は花粉だけではなく、ダニやハウスダスト・ペットの毛など実に様々です。

花粉が原因の場合、花粉が飛散する季節に症状が現れるので「季節性アレルギー性結膜炎」、ハウスダストやダニが原因の場合、季節に関係なく1年中症状があるので「通年性アレルギー性結膜炎」と呼ばれています。

季節性・通年性を合わせると実に日本人の人口の約15~20%の人がアレルギー性結膜炎にかかっていると言われているのです。今後この数字は更に増えていくとみられており、もはやアレルギー性結膜炎は誰にとっても身近な病気ともいえるのです。

アレルギー性結膜炎の中でも、症状の出やすい時期が予測できる花粉などが原因季節性アレルギー性結膜炎の場合には、『初期療法』という治療法が適用されます。

症状が出る前の、花粉飛散時期の約2週間前から、または症状が少しでもあらわれたら、抗アレルギー点眼薬による治療を始める方法で、花粉飛散ピーク時の症状が軽くなります。

毎年花粉症がひどい場合は、症状があらわれる前に眼科を受診して治療を始めることをおすすめします。

また、抗アレルギー点眼薬は比較的副作用の少ない薬です。使用中は勝手に中断することなく、眼科医の指示に従って治療を続けることが大切です。

減感作療法(アレルゲン免疫療法)

以上のような治療法は、症状を鎮めるための「対症療法」というものですが、これに対しアレルギーのもとを抑える「原因療法」に減感作療法(アレルゲン免疫療法)があります。

原因となる抗原検査で分かっている方に対し、その抗原を低い濃度から徐々に高い濃度まで時間をかけて注射することによって、免疫アレルゲンに反応しないようにならす方法です。

減感作療法で少しずつ抗原を注射していくと、体内に特異的IgE抗体ではなく、IgG抗体という別の抗体が作られます。このIgG抗体は、抗原が体内に入ってきた時に、抗原より先に特異的IgE抗体にくっつきます。つまりIgG抗体は、抗原と特異的IgE抗体との結合を妨げる事により、アレルギー反応をおこさないように働いてくれるのです。

この減感作療法は、ある程度の効果のあることは分かっていますが、治療の効果が現れるまで、かなりの時間がかかります。普通に治療を開始してから、3~5年かかる場合もあります。その間、一定周期(最初は毎週1~2回で1~2ヶ月、以後は、毎月1回位)で、通院して皮下注射を続けなければ、IgG抗体は十分できません。

IgG抗体のできかたは、人によってかなり差があります。つまり、効果のある人と、あまり効果の期待できない人がいるということです。このことが治療開始前にわかればよいのですが、残念ながら実際に治療してみないと、効果の判定ができないのが現状です。

また、抗原の種類によっても効果には差があり、有効率は、ハウスダストで70~80%くらい、花粉症では50%くらいです。

減感作療法は様々な抗原、例えばダニやハウスダストなどによってアレルギーが起こる方にも行える方法です。

舌下免疫療法

アレルゲンスギ花粉の場合は、注射を必要としない舌下免疫療法治療することもできます。

スギ花粉症はスギ花粉をアレルゲンとするアレルギー疾患で日本では約25%がかかっていると推定され、アレルギー性結膜炎のほかアレルギー性鼻炎や皮膚炎も伴います。

舌下免疫療法は、減感作療法に比べて副作用の心配がより少なく、注射の苦痛はありません。そして、自宅で投与が可能です。

舌下免疫療法で治療した場合、治療を受けた患者の7~8割は症状が軽くなり、そのうちの1割は症状がなくなる、つまり完治すると言う報告があります。

いくつか注意すべき点もあります。シダトレン(スギ花粉舌下液)というエキス剤による治療は少なくとも3年以上の治療が必要で、シーズン外でも毎日投与する必要があります。また、少なくとも約1ヶ月に1回は定期的に通院することになります。

WHOの見解では、治療期間は、3年~5年が望ましいと判断されています。治療期間は3年よりも4年、5年の方が、治療効果がより高く、長く維持される傾向があります。

ある医学報告では4年間治療を継続すると、治療中止後も平均7年間は効果が維持され、5年間継続すると平均8年間効果が維持されるという報告があります。治療終了後に症状が再発した場合は、再発後に1年間舌下免疫療法を追加することで、治療効果が再度得られたと報告されています。

目の痒みを緩和する方法

痒みがあるとついつい目をこすってしまいますが、これは実はしてはいけない行為なのです。こすっても痒みはよくならないどころか、逆に悪化させてしまったり角膜に傷をつけてしまったりする事もあるのです。また女性の場合は目をこすった時にマスカラなどのアイメイクも一緒に落ちてしまい、それが目の中に入ることで細菌感染の原因にもなりえます。

また、強く目をこすると白目が水膨れのような状態になる結膜浮腫を起こす場合もあります。アレルギー性結膜炎の人に多い症状でこすった事による刺激が原因とされています。

目が痒くなってしまったときは、とにかくこすらないことが大切です。目をこすったり掻いたりせずに以下の方法を試してみてください。

・冷たいタオルで冷やす
・タオルを巻いた保冷剤で冷やす
点眼薬を使用する前に、人工涙液などで抗原を洗い流す(1回使い切りタイプの点眼薬は液が残っていても開封したら捨てる。防腐剤の入った人工涙液は避ける)
ただし、目の洗いすぎには注意してください。目を洗うとスッキリするため市販の洗眼液を多用している人が多いですが、洗いすぎると目を守っている必要な涙の成分までも洗い流してしまうため目のトラブルの原因になります。洗眼液を用いる場合は多用し過ぎないように気をつけましょう。
・水道水での洗眼は避ける(塩素による刺激を避ける)
・市販の目洗浄カップ液の含有成分がアレルギーの原因になる場合があるため、使用する際には医師に事前に相談すること

アレルギー性結膜炎に限らず、目の症状は眼科を受診するのが一番なのですが、受診する時間がないという場合は市販の目薬でしばらく様子を見てみるのもよいでしょう。

もちろん目薬ならどれでもいいという訳ではありません。花粉症ならば抗アレルギーの目薬を、ものもらいがある場合は抗菌の目薬を、ドライアイの場合はドライアイ用の目薬をというように症状に適した目薬を使用することが大切です。

しかし市販薬では効き目にも限度があります。抗アレルギー点眼薬を使っていても痒みが止まらない場合は、ステロイドが入った点眼薬を併用して痒みを抑えることもあります。

ストロイド点眼薬は、効果は高いものの長期間使用すると目の圧力(眼圧)をあげてしまうという副作用もありますので、使用の際には眼科医の診察と治療、その後の経過観察も大切です。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す