花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

花粉症の原因

花粉症の原因植物は多種多様

花粉症の原因は季節により異なる花粉症の原因となる植物は現在国内で約50種類以上、一説には約80種類もあるといわれています。

日本では、花粉症のなかでもスギやヒノキの花粉症が多いため、花粉症といえば春、と思われているかもしれません。しかし、スギヒノキなどの花粉のほかにも、に飛ぶイネ科キク科植物などの花粉によっても花粉症は起こります。

花粉症原因植物は大きく樹木と草花に分けられ、代表的植物はスギヒノキカモガヤブタクサヨモギシラカバなどですが、 日本の花粉症患者の約80%はスギ花粉原因で発症しているといわれています。

いずれの植物も風によって花粉が運ばれるという共通点があります。日本は南北に細長く、地域によって花粉症の原因植物は異なり、花粉の飛散時期も異なります。 また同じ植物でも北と南の地方では飛散時期が異なるのです。

花粉症は2月~4月にかけてのみ発症するのではなく、原因となる花粉の種類によっては、夏や秋にも発症するのです。

春先、北海道ではシラカバ(白樺)花粉が多く飛散しますが、本州・四国・九州ではスギ花粉が多く飛散します。

そして、初夏はイネ科の花粉、秋はブタクサの花粉といったように季節による違いもあります。

花粉症予防するためには、まず原因となる植物を特定し、原因となる植物の花粉が飛ぶ開花時期に合わせて対策する必要があります。

花粉症患者は、原因植物の花粉に対するIgE抗体量が多いことは明らかであり、これがアレルギーを起こす直接の原因と考えられています。 しかし、花粉症の原因となる花粉と接触してもすべての人が花粉症になるわけではなく、 なぜ花粉症になる人とそうでない人がいるかについては、遺伝的、環境的要因などさまざまな要因の関与が考えられていますが、まだ明らかにはなっていません。

花粉のアレルゲンとしての強さは単にその量だけが関係する訳ではありません。都会における大気汚染物質と花粉が混合するとそのアレルギー誘発機能は増大すると言われています。

スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバ花粉の季節が終わっても症状がおさまらない方、年間を通して花粉症の症状がある方は、 ハウスダスト・ダニ・動物(猫など)がアレルギーを引き起こす原因となっている場合もありますので、医療機関で早めの診察または検査を受けることをおすすめします。

花粉症が増えている理由

スギ花粉の増加が花粉症が増えた最大の原因近年、花粉症が増えている背景には、以下のような環境の変化が原因であると考えられています。

スギ花粉の増加

昭和30年代、盛んに植林されたスギが成熟し、花粉を多く付けるようになったことに加え、その建築資材としての価値が下がり、手入れもされないまま放置されていることが、花粉の飛ぶ量が増えていることと関係しています。

気密性の高い住居

サッシの普及などで住居の気密性が高まった結果、ダニやハウスダストが増加し、アレルギー体質の人が増えてきました。

食生活の変化(高たんぱくの食事)

高たんぱくの食生活は正常な免疫反応にとって大切ですが、逆に、アレルギー反応も高める結果となりました。

炭水化物が食事の主体である発展途上国では、花粉症が少ないと言われています。かつての日本も、米、野菜が中心の食生活でしたが、体内の免疫を刺激しやすいたんぱく質や脂質の摂取量の増加に伴い、花粉症等のアレルギー疾患が多くなってきました。

また、アレルギーの原因となる、食品添加物や加工食品、甘いものを多く食べすぎると、炎症物質であるヒスタミンロイコトリエンの放出が増え、症状が悪化しやすくなります。

大気汚染

スギなどの花粉の多い農村部や山村より、大都会のほうがはるかに花粉症で悩む人の割合が多いことから、以前から大気汚染などによる環境悪化が花粉症に悪い影響を及ぼしているといわれていました。

車の排気ガス中の微粒子が原因となって、アレルギーを起こしやすくさせていることも考えられます。

ストレス社会

アレルギー症状自律神経と深く関わっているため、ストレス自律神経の調節が乱れ、花粉症の症状も出やすくなります。

心身医学の分野では心理的ストレスアレルギーの発症や経過に影響を及ぼすことが古くから知られています。例えば、気管支喘息は代表的なアレルギー疾患ですが、バラの花粉で喘息発作の起こる人が造花のバラでも発作を起こすことが19世紀に報告されています。

九州大学心療内科の池見酉次郎元教授らも、ウルシで皮膚炎(かぶれ)を起こす患者に「ウルシの液を塗ります」と言って、ウルシの成分が含まれていない液を塗ることで実際に皮膚炎が顕微鏡的にも起こることを報告しています。

すべてを心理的ストレスによるものと断言することはできませんが、睡眠不足や疲労、飲酒などによって体調を悪くすることが、症状を悪化させることもあります。また、症状を放置することで睡眠不足になったり、イライラしたりすることで、全身が過敏になり、より強く症状が出るという悪循環に陥ることも考えられます。

花粉症に対しても適切な治療をおこなうことで症状を緩和するとともに、日常生活にもストレスをため込まないようにする工夫が必要です。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す