花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーとヒスタミン

ヒスタミンとは?

ヒスタミンとは、肥満細胞で生成され、生体組織に広く分布している活性アミンのことです。

通常は肥満細胞内でヘパリンと結合して不活性状態にありますが、外傷や熱傷などの物理的侵襲や、薬物などの化学的侵襲によって活性型になって遊離します。

ヒスタミン肥満細胞のほか、好塩基球ECL細胞ヒスタミン産生細胞として知られていますが、普段は細胞内の顆粒に貯蔵されており、細胞表面の抗体に抗原が結合するなどの外部刺激により細胞外へ一過的に放出されます。

また、マクロファージ等の細胞ではHDCにより産生されたヒスタミンを顆粒に貯蔵せず、持続的に放出することが知られています。

ヒスタミンは、血圧降下、血管透過性亢進、平滑筋収縮、血管拡張、腺分泌促進などの薬理作用があり、アレルギー反応や炎症の発現に介在物質として働きます。

ヒスタミンが過剰に分泌されると、ヒスタミン1型受容体(H1受容体)というタンパク質と結合して、アレルギー疾患原因となります。

神経組織では神経伝達物質として働き、音や光などの外部刺激および情動、空腹、体温上昇といった内部刺激などによっても放出が促進され、オキシトシン分泌や覚醒状態の維持、食行動の抑制、記憶学習能の修飾などの生理機能を促進します。

アレルギー反応でヒスタミン放出

アレルギー反応は、アレルギーを持つ特定の物質(アレルゲン)によって引き起こされます。こうしたアレルゲンに触れると、身体は外界からの侵入者を察知します。

アレルギー反応では、免疫システムが最初にアレルゲンに接したときに免疫グロブリンEIgE)と呼ばれる抗体が作られます。

このIgEは、血流中の好塩基球と呼ばれる白血球の一種と、好塩基球によく似た組織中の肥満細胞に結合します。

最初の接触でアレルゲンに対して過敏になることはありますが、この段階ではアレルギー症状は起こりません。

その後、感作された人が再度アレルゲンに接触すると、表面にIgEを持つ好塩基球肥満細胞ヒスタミンプロスタグランジンロイコトリエンなどの物質を放出し、周囲の組織に腫れや炎症を起こします。

これらの物質は反応の連鎖を引き起こし、組織を継続的に刺激し傷つけます。この反応の程度は軽度から重度までさまざまです。

アレルギー症状は、ヒスタミンが放出される部位によって異なります。鼻水、眼の痒み、涙眼、息切れ、肌の乾燥は全て、肥満細胞が局所で反応している徴候です。

多くの場合、アレルギーは、初めは当たり障りのない現象として現れ、症状を呈するまでには数年を要することがほとんどですが、より深刻で健康全体を脅かすアレルギー反応を起こす場合もあります。

また中には、食物、薬剤または虫刺されが突如、生死に関わるアナフィラキシー・ショックを引き起こす場合もあります。

抗ヒスタミン薬

アレルギーに関係する化学伝達物質のなかで、最も大きな働きをするのがヒスタミンですが、このヒスタミンの作用を抑えるのが、抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬には、古典的抗ヒスタミン薬とも呼ばれる第一世代の抗ヒスタミン薬と、抗アレルギー薬とも呼ばれる第二世代の抗ヒスタミン薬があり、最近は第二世代をさらに新しく中枢作用の低いものとそうでないもので区別しようという動きもあります。

第二世代の抗ヒスタミン薬はおしなべて効果が高く、有用性も高いのですが、適応疾患および年齢、剤型に関して第一世代ものより制限があるものが多く、またおそらくは費用の点でも第一世代の抗ヒスタミン薬が使われることは多いと思われます。

しかし、今日第二世代の抗ヒスタミン薬の適応年齢の幅と剤型はかなり拡大し、今後はさらに第一世代から第二世代への移行が進むものと予想されます。

蕁麻疹やアトピー性皮膚炎といったメジャーなアレルギー疾患では、抗ヒスタミン薬は保険適応となっていますし、実際広く用いられています。

しかし、抗ヒスタミン薬に期待される効果は、蕁麻疹では極めて大きいのに対し、アトピー性皮膚炎ではそれほどでもありません。

また、蕁麻疹では抗ヒスタミン薬以外には極めて治療法が乏しいのに対し、アトピー性皮膚炎にはステロイド外用薬プロトピック軟膏という治療手段があり、他に保湿剤も有効かつ大切な役割を果たしています。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す