花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーとIgE抗体

IgE抗体がアレルギーを起こす

IgE抗体(免疫グロブリンE)とは免疫に関係したタンパク質である免疫グロブリンの一つであり,健常人には極めて微量しか検出されません。

抗原(アレルゲン)と結合することによりヒスタミンなどの炎症を引き起こす化学伝達物質をマスト細胞(肥満細胞)から放出させアレルギー反応を引き起こします。アトピー素因のある人の血中では高値を示す傾向があります。

IgE抗体アレルギーアトピーの主役をなす抗体で、IgE抗体アレルゲンが結合することで、細胞内のヒスタミンやヘパリンなどの炎症を起こす物質を含む顆粒が外に放出されるため、皮膚炎や鼻炎などの症状が起こります。

粘膜のバリアが破られ、花粉等の異物が体内に入ると、マクロファージなどの免疫細胞が反応し、免疫機能の司令塔であるTh2細胞も活性化し、IgE抗体が過剰に働くことになります。そして、くしゃみや鼻水などの症状を引き起こすのです。

IgE抗体はどうやってできる?

人体はアレルゲンに対してIgE抗体を作って反応しますが、IgE抗体アレルゲンの接触を繰り返すうちに蓄積されていきます。

IgE抗体はある程度までは蓄積されても何も症状を生みだしませんが、許容限度を超えてしまったときに、炎症や痒みといった症状を引き起こしてしまうのです。

アトピー性皮膚炎花粉症喘息などのアレルギー疾患は、それぞれその症状だけを区別して別の疾患と考えがちですが、実はそもそもこれらアレルギー疾患はすべて「免疫疾患」です。

食物、ダニ、花粉など、アレルギーの原因となるアレルゲンが体内に侵入したときに、「Th1」と「Th2」と呼ばれる2種類の免疫細胞が排除しようと働きます。

このとき健常な人の場合「Th1」と「Th2」がバランスよく働いてくれるのですが、アレルギー疾患を持っている場合はこのバランスが崩れ「Th2」が活発に働いてしまいます。この「Th2」が過剰に働くことによってIgE抗体たくさん作られてしまうのです。

そしてアトピー性皮膚炎などの場合、バリア機能が低下して過酸化脂質が蓄積した肌に、このIgE抗体が刺激を与え、その結果として炎症や痒みといった症状になってあらわれるのです。

ですので、花粉症アトピー性皮膚炎喘息等のアレルギー疾患を予防・改善するには、免疫バランスを整えIgE抗体を蓄積させないことが重要です。

IgE抗体がアレルギーを発症させる仕組み

アトピー性皮膚炎花粉症喘息などのアレルギー疾患発症の引き金を引くのは、ヒトの皮膚や粘膜など全身の組織に広く分布するマスト細胞(肥満細胞)です。

花粉やダニ由来のタンパク質などアレルギーの原因物質(アレルゲン)と反応したマスト細胞は、ヒスタミンなどの生理活性物質を放出して、周囲に炎症を引き起こします。

マスト細胞(肥満細胞)アレルゲンを直接認識するわけではなく、アレルゲンと結合するのはIgE抗体です。

マスト細胞(肥満細胞)の表面には高親和性IgE受容体(FcεRI)というレセプターが存在し、IgEはこのレセプターに結合してアレルゲンを待ち受けています。

そしてIgEアレルゲンと反応すると、レセプターを介してマスト細胞(肥満細胞)は活性化し、最終的に炎症性のヒスタミンロイコトリエン等のメディエーターが放出されるようになるのです。

アレルギー血液検査で測定しているのが、このIgE抗体の量であり、現在200種類以上のアレルゲンに対する特異IgE抗体を測定することができます。

測定値は、クラスという段階的に量をわかりやすく示す方法でクラス0~6まで7段階で示す方法がとられています。

値が高い方がその特異IgEの量が多いことを示していますが、この値が高いからと言って必ずしもアレルギー症状と相関しないということです。特に、食物アレルゲンでは、特異IgE抗体がある程度高くてもそのアレルゲンを摂取しても症状がでないことがしばしばあります。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す