花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーと免疫

免疫とは?

免疫を正常化すれば花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息は完治する免疫とは「疫病(病気)を免れる」ことです。

一旦ある病原菌に感染することにより、その病気に対する抵抗力ができ、次からはかかりにくく(罹患しにくく)なることを言います。

最近では「自己」と「非自己」を認識し、「非自己」である異物を除去する能力のこととも表現されます。

つまり免疫とは、「自己(自分自身の本来の細胞など)」と「非自己(異物・自分の体の外から入ってきた細菌やウィルスなど)」を区別し、 ときには生命そのものを脅かす結果になる「非自己」を排除する働きのことで、このような働きを免疫力と呼びます。

本来は体内に入ってきた細菌やウィルスに対して防御するために発達したシステムですが、内なる敵(癌細胞)を攻撃するためにも働いています。

防衛システムとしては生物が本来持っている自然免疫(TLRsなど)もありますが、ここでは高等生物に発達した獲得免疫を中心に書きます。

参考)自然免疫と獲得免疫

防御システムの反応性は、個人差・環境(大気汚染・紫外線など)・感染(ウィルス・最近)食生活・ストレスなどの影響を受けます。

外からの侵入物の排除には、免疫システム以外も複雑に連携して関与しています。内なる他者(異物)の悪性腫瘍の排除にも働きます。間違えて自分を攻撃すると自己免疫疾患を起こします。

食べ物や花粉等、本来身体に対して無害な非自己に過剰に反応すると、いわゆるアレルギー反応を起します。

また免疫は恒常性(ホメオスタシス)を保つのに役立っています。外界は常に変化(温度、湿度など)しているため、私たちはこの変化に対応していかなければなりません。このような変化への対応に免疫が役立っているのです。

免疫反応とは?

アトピー、花粉症、喘息等のアレルギーを完治するには免疫力を正常化すること防御システムで最初に働き始めるのは、入ってきた侵入物を食べる貪食細胞と呼ばれているものが先ず働きます。

病原体などの異物が体内に侵入した場合、最初に攻撃を仕掛けるのは歩兵隊にあたる好中球マクロファージ(単球)です。好中球マクロファージも、細菌などをとらえて食べる細胞であり、敵とみればなんでも食べてしまうのが大きな特徴です。

マクロファージと比べると、好中球の寿命は短く、ある程度食べてしまうと、限界がやってきて自滅していきます。その後を引き受けるのがマクロファージで、彼らは前線で好中球と一緒になって異物を食べ続けますが、その食作用は好中球よりずっと長持ちします。

マクロファージはまた、重要な別の役割も負っています。敵をその触手でとらえ食べつくした後、細胞表面にさらなる応援を頼むための旗印を立てるのです。これを、抗原提示といいます。

初期の防御システムを越える侵入物に対しては、抗原提示細胞(免疫システムのオペレーション細胞)が種々の伝達方法で指令を出します。

抗原提示に対して、最初に動くのは、作戦参謀役のヘルパーT細胞です。ヘルパーT細胞マクロファージと結合し、作戦指令書を配ります。作戦司令書とは、サイトカインと総称される情報伝達物質の一種で、ほかのT細胞B細胞は、この作戦指令書を受け取ることで動き出し、マクロファージを助けます。

次に、この作戦指令を受けて最強軍団のキラーT細胞が動き出し、その他多くのマクロファージも前線に集まってきます。キラーT細胞に「攻撃しろ」と指令を出すのはヘルパーT細胞です。ヘルパーT細胞は同時に、敵に対して最も効果的な武器(抗体)を生産するB細胞を選び出し、抗体をつくらせます。

ヘルパーT細胞が指令を出してBリンパ球と呼ばれるB細胞が抗体(IgG・IgM・IgAなど)を作り異物の侵入に対抗します。

ある種のTリンパ球マクロファージ好中球系は直接排除に関与します。Tリンパ球・Bリンパ球は共にリンパ球です。

Tリンパ球は、Th1Th2がいて御互いに監視してバランスをとっているとされています。

闘いが長期化すると、身体のダメージも大きくなります。派手に攻撃しすぎると、自分の陣地(正常な細胞)までだめにしてしまったり、アレルギー反応を起こしたりすることもあるからです。

だから、私たちの身体には、適当なところで闘いを終わらせる仕組みも、ちゃんと備わっています。その抑制役を担うのが、サプレッサーT細胞です。

サプレッサーT細胞は、闘いの状況を冷静にみつめ、抗体の生産状況を常に監視し、攻撃し過ぎないようにしています。

免疫力とは?

免疫力とは、これらの免疫細胞の戦う力のことです。外敵から身体を守るためにいくつもの免疫細胞が協調しあって働いているのです。

免疫細胞たちは、ガン細胞を死滅させたり、風邪などの病気にかからないように外敵の侵入を防いだりしてくれています。いつも体を守ってくれている、いわば頼れるボディーガードのような存在なのです。

よく勘違いされるのは、「免疫力が強すぎると花粉症アトピー性皮膚炎喘息等のアレルギー疾患になる」と思われていることです。

アレルギーになるのは、免疫力が強すぎるためではありません。免疫細胞が本来は無害なはずの花粉等を体にとって有害な異物と勘違いして攻撃すること、要するに免疫細胞の勘違い、免疫細胞の過剰反応によって起こるのです。

免疫力の強さ、弱さと、アレルギーのあるなしはまったく関係ありません。アレルギーが起きるかどうかは、本来は無害なはずの物質を有害な異物と勘違いするかどうか、そして、どの程度勘違いするか、によって決まるのです。

ただし、高齢者は免疫機能が低下するので、免疫細胞の勘違いも起こりにくくなり、花粉症アトピー性皮膚炎喘息等のアレルギーが起こりにくくなるのは事実です。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す