花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

自然免疫と獲得免疫

自然免疫

我々の身体には元々2種類の免疫が存在します。自然免疫獲得免疫です。NK細胞(ナチュラルキラー細胞)自然免疫系で、T細胞B細胞獲得免疫系です。免疫は自然免疫と獲得免疫の協働連携によって成り立っています。

それぞれ名前の通りですが、自然免疫とは、身体が生まれつき持っている免疫で、病原体などの外敵が体内に侵入すると、まずこの自然免疫系の免疫細胞が攻撃をしかけます。

相手を特定せずに、どのような外敵にも無差別に攻撃をしかけることから「非特異的免疫」とも呼ばれています。

自然免疫細胞は、まっさきに攻撃をしかけるだけでなく、その最初の攻撃で対処できなかった外敵の情報を獲得免疫細胞に伝える情報伝達役としても働きます。

獲得免疫

そして獲得免疫は生まれたときには備わっておらず、後天的に獲得される免疫です。

獲得免疫のシステムは異物(抗原)に遭遇するたびに、それぞれの抗原ごとに最良の攻撃方法を学習し、抗原を記憶します。

獲得免疫特異的免疫とも呼ばれているのは、過去に遭遇した抗原に対し、それぞれに応じた(特異的な)攻撃をするからです。

アレルギーと自然免疫・獲得免疫の関係

獲得免疫は、さらに「細胞性免疫」と「液性免疫」に分けられます。

細胞性免疫

・主要な細胞は白血球で、マクロファージ好中球リンパ球といった種類が有ります。マクロファージ好中球は、抗原の微生物や病原菌を飲み込んで分解してしまう大きな細胞で、マクロファージは器官が外界や血管と結合する部分に多く存在し、好中球は血液を循環しています。

T細胞NK細胞が攻撃の主役。ウィルスや細胞内に寄生する強力な菌(結核菌、サルモネラ、レジオネラ、クラミジアなど)やガン細胞に対する防衛です。

・ウィルスや細胞に寄生する細菌は細胞内で増殖し続けます。T細胞が感染した細胞やガン細胞の異常を発見し、NK細胞キラーT細胞が感染細胞と結合して殺します。

液性免疫

細胞の形はもたないが血液中に溶けている分子で、主なものに抗体サイトカイン、補体があります。B細胞と抗体が主役。バクテリア(細菌)に対する防衛です。抗体が細菌に結合して毒素を無害化したり、排除したりします。

液性免疫B細胞抗体が主役となります。ヘルパーT細胞より指令を受けたB細胞が、サイトカインにより活性化されて、病原体に見合った抗体を作ります。B細胞は、一度感染した病原体の情報を記憶するため、素早くその病原体に合った抗体を作ることができるのです。

作られた抗体は病原体と結びつき、病原体を無害化したり、攻撃したりします。この抗体による免疫反応液性免疫と言います。

敵(抗原)を特定せず、無差別に攻撃する自然免疫に対し、獲得免疫は、敵を特定し、その敵に合った武器(抗体や感作Tリンパ球)をつくって攻撃をすることから、「特異的免疫」とも呼ばれています。

獲得免疫は、さまざまな病原体に感染することで身につきます。獲得免疫細胞のB細胞T細胞は、侵入した病原体を記憶し、再度その病原体に感染した際に、すばやくその病原体に対する抗体や感作Tリンパ球(記憶を持つTリンパ球)で、退治します。

よく言われる「アレルギーは免疫細胞が働き過ぎるから起きる」という場合は獲得免疫液性免疫を指します。

では、なぜアレルギーが起きる人と起きない人に分かれてしまうのでしょうか?

免疫反応は生体にとって有害な病原体などの非自己を排除するために大切な反応です。しかし、この反応が過度に起こってしまうと生体にとって有害なものだけではなく正常な組織の傷害を引き起こす事があります。これがアレルギーなのです。

アレルギーにはどのような環境で免疫を獲得してきたかに大きく関わっているのです。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す