花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

粘膜免疫と全身免疫

粘膜免疫

呼吸や食べ物を介して、体の中には細菌やウイルスなどの病原体、さらに花粉などの異物が侵入しようとするので、目、鼻、口、腸管、膣、尿路など、粘膜は、病原体の最初の侵入口になります。

これらの異物から身を守るために、粘膜組織には外敵を排除する防御システムが備わっています。

生体防御の上で極めて重要な位置にある粘膜には,粘膜免疫として知られる全身免疫とは異なる巧妙な免疫システムが構築されています。

日々の生活で、体内にはウイルスや細菌、花粉などの“ 異物” が絶えず侵入しようとします。しかし、これらの異物を“ 侵入” させないように私たちの体を守っているのが粘膜免疫です。

粘膜免疫が働く場所は、目、鼻、口、腸管などの粘膜です。ここで異物が粘膜を介して体内に入るのを防ぎ、体外に出してしまうことで感染を防ぎます。

全身免疫

粘膜免疫と全身免疫の役割病原体が粘膜免疫を突破して体内に侵入し、増殖してしまった状態が「感染」です。

体内に病原体が侵入してしまったら全身免疫の出番です。体に侵入したウイルスや細菌に対しては、第2段階の免疫システムである全身免疫が働きます。全身免疫のシステムでは、免疫細胞が病原体を捕えて、排除するよう働きます。

全身免疫は、二つの仕組みからなります。一つ目が、病原体の侵入後、直ちに働く「自然免疫」です。

白血球の一種である「好中球」「マクロファージ」が病原体を飲みこみます。一方で、全身を常にパトロールしているリンパ球の一種「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」は、外敵が侵入すると即座に攻撃し、病原体に感染した細胞をも直接破壊します。

この「自然免疫」に続いて、二つ目の「獲得免疫」が働きだします。

外敵が侵入したとことの知らせを「ヘルパーT細胞」が受け取ると、ヘルパーT細胞は周囲の免疫細胞に対して「増殖しろ」「分化しろ」と働きかけ、言わば司令塔の役割を果たします。

その命令を受けると、「キラーT細胞(CTL)」や「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」は活性化し病原体を攻撃します。

好中球」は病原体の侵入場所に集まります。また、B細胞と呼ばれるリンパ球の一種は分化して病原体を無効化する「IgA」「IgG」などの抗体を産生します。

発動の早い「自然免疫」と、時間を要するものの、抗原ごとの抗体を作って対抗する「獲得免疫」は、互いに協力しあって働きます。

ウイルスに感染した際、熱が出るのは、熱に弱いウイルスを叩くための防御反応なのです。

下痢は、敵を体外に早く排出するためで、これらも免疫反応の一種です。

なお、体内では古い細胞が新しい細胞に入れ替わるために細胞分裂が起こっています。細胞分裂の際、異常な細胞が発生することがあります。この異常な細胞が増殖した状態が「がん」です。このように体内で生まれたがん細胞のような“ 異物” を攻撃するのも、全身免疫の役割です。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す