花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーとロイコトリエン

ロイコトリエンとは?

ロイコトリエンとは、ヒスタミンと同様にアレルギー反応により体内で生成される化学物質です。

ロイコトリエンは、遅発型アレルギー反応に関係しており、気管支収縮作用、血管拡張作用、血管透過性亢進作用による浮腫、そして好酸球の誘導による炎症の増悪に関係していると言われています。

ロイコトリエンは気管支の周りの筋肉を収縮させる化学物質を誘引することで、気管支喘息の発作を発症させます。また、鼻粘膜の炎症、腫れを引きこし、花粉症アレルギー性鼻炎の鼻づまりの原因となります。

このロイコトリエンアレルギー反応により生成されると、肥満細胞、内皮細胞などの受容体を刺激します。この基本的なメカニズムは、ヒスタミンの作用と似たような機能をもっています。

この結果、それらの細胞に炎症を誘発させる物質を生成させることになり、この結果、気管支喘息であれば、強い気管支の収縮が発生することになります。そして、ゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴となり、気管支喘息発作を発症するわけです。

また、鼻炎症状としては、鼻粘膜への炎症を引き起こします、そのときに鼻粘膜を腫らしてしまい、鼻づまりを発症させます。

この症状が、花粉によるアレルギー反応なら花粉症、ハウスダストやダニ等の花粉以外によるアレルギー反応ならアレルギー性鼻炎となるわけです。

抗ロイコトリエン薬

このロイコトリエンに対しては、対症療法として、ロイコトリエンの作用を抑制する、抗ロイコトリエン薬が即効性のあるものとして有効とされています。

抗ロイコトリエン薬には、「オノン」「シングレア」「キプレス」などがあります。

ロイコトリエンが鼻づまりを引き起こすメカニズムは、血管の中に含まれるタンパク質などの比較的大きな物質が、血管の外へ出やすくすることです。

正常な血管であれば、水や低分子などの小さい物質以外は通過できなくなっています。

しかし、アレルギー反応が起こっている場合であると、いつもは血管内に存在している白血球などが血管の外へ出ていきます。これを血管透過性が大きくなるといいます。

ロイコトリエンによって血管が拡張し、血管透過性が大きくなると、その分だけさまざまな分泌物が鼻の外に出てしまうのです。

抗ロイコトリエン薬ロイコトリエンのこのような働きを抑えることで、アレルギー症状を抑えます。

気管支喘息に対しては、全ての気管支喘息に有効ということはないのですが、60%の気管支喘息患者が症状を改善することができるとされています。

ただし、使用前に効果があるかどうかの確認ができないという点が難点といえます。効果がみとめられる場合は、炎症の度合いを示す好酸球の値が低下することが確認されます。

鼻閉型の花粉症であれば抗ロイコトリエン薬鼻噴霧用ステロイド薬が使用されます。

ケミカルメディエーターの一種であるロイコトリエンは血管を拡張させる作用があるため、抗ロイコトリエン薬がこの働きを抑えるのです。

「鼻の血管が拡張する」という事は、その分だけ鼻の粘膜が腫れることになります。そのため、鼻づまり(鼻閉)を起こすようになるのです。

そのため、血管拡張作用のあるロイコトリエンを抑制すると、その逆の作用として血管収縮作用を得ることができます。これによって、抗ロイコトリエン薬は鼻づまりを改善させる働きがあります。

アトピー性皮膚炎の治療にも抗ロイコトリエン薬は有効です。過敏になったリンパ球からの指令で多種の細胞から放出されるケミカルメディエーターの反応を調整、またはブロックする効果があるからです。

即効性はありませんが、持続的内服により、拡大していくアレルギー反応予防する効果が期待できますので最低でも3~6ヶ月くらいの内服継続をおすすめします。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す