花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーとマクロファージ

マクロファージとは?

マクロファージは血液中の白血球の5 %を占める単球(単核白血球)から分化する免疫細胞の中心を担うアメーバ状の細胞で、生体内に侵入した細菌・ウイルス、また異物(がん細胞)をも貪食し消化します。

マクロファージには2種類の分化があり、免疫を活性化するM1マクロファージと免疫を抑制するM2マクロファージと区別されてきました。

マクロファージが細菌、ウイルス、死んだ細胞等の異物を取り込むことを食作用と呼び、これがマクロファージの主要な機能となります。

この食作用の主な役割は病原体への対処と、細胞死の残骸の処理です。炎症の初期は好中球がにないますが、後期になるとマクロファージが集まり、死んだ細胞や細菌を食作用により処理するのです。

マクロファージが貪食した異物は小胞(食胞、Phagosome)の形で取り込まれます。細胞内で小胞はリソソームと融合し、リソソーム中に存在する様々な加水分解酵素の作用により分解されます。

正常な免疫作用

異物が体内に入りこむとマクロファージがまず初めに抗原に立ち向かい、対応できる範囲の抗原を食べてしまいます。

しかし、マクロファージだけでは対応できない抗原が身体に入ってくると、T細胞に姿形(たんぱく質の分子構造)を伝えて、助けを求め、ここから「抗原抗体反応」が始まります。

マクロファージから抗原の情報をもらったT細胞は(T細胞も幾つかありますが、「抗原抗体反応」に重要なヘルパーT細胞Th細胞>を説明します。<Th細胞>は、Th1Th2の2種類あります。)

その抗原に合った抗体の設計図を描き、B細胞に指示を出します。

Th2は、設計図を描き、B細胞に指示を出す働きをします。

Th1は、そのTh2が働き過ぎない様に抑えたり、マクロファージを元気づけたりする働きをします。

つまり、正常に免疫システムが働くには、このTh1とTh2の活動バランスも関係してくるわけです。

Th2細胞から指示を受けたB細胞は指令どおりの抗体(IgE・IgM等)を作り、血液中に放出します。

そして、抗体が抗原にくっつき(鍵と鍵穴の様に)力を失わせます。

B細胞は、一度作った抗体を忘れません。さらに、次に同じ抗原が入ってきた時には、一度目よりさらに多くの抗体を再生産することができます。

アレルギーはマクロファージの勘違いから発症する

うまく分解されなかったたんぱく質や花粉等は、異物だと認識はされますが、通常であればマクロファージに食べられてしまうので、全く身体に害は及びません。

しかし、本来ならば害のない異物が細菌やウイルスに似た分子構造をだと、マクロファージが間違って情報をTh細胞に伝えてしまいます。

このように間違って伝えてしまい、アレルギー反応の原因になる異物の事を、「アレルゲン」と言います。

乳幼児に食物アレルギーが多いのは、まだ食べ物がうまく消化されずに、分子構造が大きいまま腸の粘膜にやってくることで、免疫システムが間違って情報を伝えてしまう確立が高いからです。

暴走したTh2細胞と、弱いTh1細胞

間違って伝えられた情報をTh2は、B細胞へ抗体を作れと指示を出しますが、その時適切なバランスを保つ様に、Th1はTh2を抑えようとします。

しかし、Th1の数が少なくTh2を抑えきれなくなった時、必要以上にTh2はB細胞に抗体を作るように指示を出します。

この様に、Th2が強い状態であるのも、アレルギー体質の一つの特徴とも言えます。

マスト細胞の関与

B細胞によって作られた大量のIgEは、無害なアレルゲンに攻撃する訳にはいかず、行き場を無くしてしまいます。

そんな時、マスト細胞(皮膚や鼻・気道の粘膜など表面近くにいる細胞で、中には化学物質がたくさん詰まっています)の表面にぴったりとくっつきます。(マスト細胞の表面は、IgEがぴったりくっつく事が出来る鍵穴があるためです) 

この状態を「感作」と言い、アレルギー症状が起こる準備が出来た状態の事を言います。

つまり、初めてアレルゲンと接触した時は、症状が出ないということです。

これ以降にまたアレルゲンが侵入してきた時に、初めてアレルギー症状が出るのです。

アレルゲンとの接触で化学物質を放出してしまうマスト細胞

再度アレルゲンが侵入してきた時、アレルゲンはマスト細胞にくっついているIgEに、橋渡しをするような形でくっついてしまい(この状態を架橋と言います)、そこで、抗原抗体反応が起こってしまいます。

そのときに、放出される「ヒスタミン」「セロトニン」などの化学物質が各部位に炎症を起こし、アレルギー症状となるのです。

さらに、マスト細胞の中で急速な化学変化が起こり、別の化学物質「ロイコトリエン」等が作られ、それらも外へ放出され、炎症を起こしていきます。

また、白血球の一つである好酸球も、Th2やマスト細胞が出す情報伝達物質に反応し、刺激物を放出してしまいます。これも、アレルギーの悪化や慢性化する原因の一つとなっています。

ですので、アレルギー体質とは、簡単に言うとTh2Th1よりも強く、IgEが作られやすい体質のことです。

つまり、間違ってIgEを作ってしまう細胞が強いという体質を持っているということで、遺伝的にこの体質を持っていることもあります。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す