花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーと好中球

好中球とは?

好中球は5種類ある白血球の1種類で、3種ある顆粒球の1つでもあり、中性色素に染まる殺菌性特殊顆粒を持つ顆粒球です。盛んな遊走運動(アメーバ様運動)を行い、主に生体内に侵入してきた細菌や真菌類を貪食(飲み込む事)し殺菌を行うことで、感染を防ぐ役割を果たします。

好中球は炎症性サイトカインや細菌・真菌類の成分に対し遊走性を示し、炎症部に集合し、細菌・真菌等の異物の貪食・殺菌・分解を行い、生体を防御します。健康な人の白血球の約50~70%が好中球であり、白血球の中で一番多い血液細胞です。

好中球は、1日に1000億個程度作られ大きさが12~15μmで寿命は約10時間~数日と非常に短いのが特徴です。

好中球は、他の血液細胞同様に骨髄の中に存在する造血幹細胞で作られます。造血幹細胞は赤血球・各種の白血球・血小板に分化をしますが、好中球に分化する場合は造血幹細胞、骨髄系幹細胞(骨髄系前駆細胞)、顆粒球・単球系前駆細胞、顆粒球前駆細胞、骨髄芽球、前骨髄球、骨髄球、後骨髄球の順に分化し成熟していきます。さらに桿状核球を経て分葉核球へと分化し、最後の2つをもって好中球と呼びます。

好中球の働き

好中球の主な働きは外部から侵入してきたウイルスや細菌から体を守ることです。侵入してきた細菌やウイルスに対して殺菌効果がある顆粒を作り出し分泌する事ができる顆粒球の1つになります。

同じように顆粒を作り出す事ができる白血球には、好酸球好塩基球があります。好中球はアメーバみたいな運動で血管内を移動し、生体内に侵入してきたウイルスや細菌類が起こしている炎症部に集合し、ウイルス、細菌・真菌等の異物を貪食し殺菌作用があります。

また、貪食されたウイルスや細菌類は、好中球の器官でもあるリソソーム(ライソゾーム)と融合することで、リソソーム内の酸素依存機序により殺菌され、加水分解酵素により分解されます。

好中球は成熟の段階によって核の形状が異なり、桿状核球(杆状核球)と分葉核球に分類できます。

好中球が処理し切れなかった細菌などの異物は同じ白血球の一種であるマクロファージなどが貪食し、抗原提示を行い、体液性免疫を高めていきます。怪我などをした後に傷口から発生する膿は、細菌との戦いで死んだ好中球の死骸です。

好中球による殺菌

生体がウイルスや細菌に侵されると、好中球は感染した炎症部位に遊走して集まり、細菌類を貪食殺菌しはじめます。

好中球は細菌類に接触すると表面のレセプターを介して異物と認識し接着結合しはじめます。そして、結合した異物を好中球形質膜がこれを包むようにして好中球内に取り込みます。

好中球による殺菌好中球内に取り込まれた細菌類は、2つの手段で殺菌されます。一つは、酸素系の働きで活性酸素や過酸化水素、次亜塩素酸を発生させて殺菌します。

もう一つは、顆粒から放出される加水分解酵素などで殺菌をします。好中球は特に化膿菌(ブドウ球菌、連鎖球菌、緑膿菌、大腸菌など大多数の細菌である)の殺菌に効果を発揮し、結核菌やチフス菌、赤痢菌などの細胞内寄生性細菌への対処能力は限定的です。

細菌を飲み込んだ好中球はやがて死に、死体は膿になって体外に放出されるか、組織内のマクロファージなどにより処理されます。

好中球の増加

血液内の好中球が基準値よりも増加する原因としては、感染症、炎症、急性出血、溶血、慢性骨髄性白血病、真性多血症、中毒、悪性腫瘍、尿毒、痛風、ステロイド投与などの理由があります。

また、病気や投薬以外でも一時的な運動、食事、ストレス、喫煙などでも好中球は増加をします。これは、感染症や炎症などにより骨髄における産出の反応的な亢進であったり、ステロイドの投薬などにより組織への移動量が減少したり、食事や運動など血流の変化に伴う一時的な原因など理由は様々あります。

好中球の減少

血液内の好中球が基準値よりも減少する原因としては、ウィルス感染、リケッチア感染、再生不良性貧血、悪性貧血、ビタミンB12欠乏や葉酸欠乏、急性白血病、骨髄線維症、脾腫、好中球に対する自己免疫疾患、薬剤の使用などで好中球は減少することがあります。

また、抗がん剤投与では顕著に減少する他、極めて多数の薬剤が好中球の減少に関係する事がわかっています。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す