花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーと東洋医学

東洋医学とは?

東洋医学でアレルギーは完治する東洋医学とは、東洋起源の伝統医学を指します。 東洋が指す範囲が多様であるように、東洋医学に含まれる範囲も一様ではなく、文脈・視点によって異なります。

現在日本の伝統医学業界では、古典医学書に基づく薬物療法漢方医学と、経穴などを鍼や灸で刺激する物理療法鍼灸医学、両者を合わせて東洋医学と呼んでいます。

東洋医学は、人は自然の中の一つであり、「自然界の全ての物」とお互いが関係し影響あっており、また人体の内部の仕組みも自然の中の一つと考えています。

西洋医学では、細胞の組織や器官などはそれぞれ独立しているものとみなしますが、東洋医学では、細胞や組織、器官などは異なった機能を持ちながらも全体として繋がっている一つの自然としてみなします。

このように、東洋医学は自然を背景としています。その根底の思想が、「陰陽論(いようろん)」であり、「五行論」(ごぎょうろん) です。

狭義には、古代中国で発生した中国伝統医学を指します。漢方鍼灸、按摩、養生法(薬膳、薬草茶など)などを用いた医学体系のことです。

一方、広義には、アジア圏(東洋)で発生した伝統医学の総称を東洋医学と言います。アジア圏(トルコ以東)における伝統的医学全般を指し、アーユルヴェーダ(インド)、ユナニー医学(イスラム圏)、チベット医学、中国伝統医学などを含んでいます。

日本では、中国が漢の時代に、『素問』や『傷寒論』などの代表的な書物を基礎として漢方が発展しました。

東洋医学ならアレルギー疾患を根治できる!?

東洋医学は、アレルギー疾患のような慢性病の治療でも完治に導くことは可能であるとされています。

花粉症アトピー性皮膚炎気管支喘息等のアレルギー疾患東洋医学、特に鍼灸治療に豊富な施術実績を持つ医師が多いです。

東洋医学では『八網弁証・気血弁証・臓腑経絡弁証など』独自のフィルターで患者のアレルギーの病理や病因を探り、はじき出された『』により治療法を決定し治療します。

例えば、『アトピー性皮膚炎』という病名でも『肝鬱気滞証・気血両虚証など』複数の証があり、治療方法は多岐にわたります。詳細な問診・体表観察・脈診などにより治療方針が決定されるのです。

また、同じでも『人・時間・季節など』諸条件により治療法は異なります。これは同じアレルギー患者でも、一人ひとり生活環境など 病気になった過程が異なるのでからです。

東洋医学と東洋医学の違い

東洋医学西洋医学では、その考え方や治療方法に大きな違いがあります。一概にどちらが良い悪いというのではなく、体の状態や状況に応じて、東洋医学西洋医学を使い分けて適切な治療を受けることが大切です。

西洋医学は300~400年の歴史があり、日本では約100年間、解剖から出発し現在は遺伝子まで追求しています。

戦争、感染症の流行が起こるたびに西洋医学における医療は進歩していきました。西洋医学は、解剖による研究で発達し、主に外傷や感染症を治す医療として進歩を遂げてきました。

一方、東洋医学は、西洋医学よりも歴史ははるかに古く、は2000~3000年前の古代人の時代から始まりました。科学が発展しておらず、細部を観察する道具が無かった古代人は、解剖をしても病気の原因が分からなかったため、人間を観察することに徹してきました。そこで気が遠くなるような年月をかけ、発達してきたのが東洋医学です。

特にツボや鍼は観察の結果の賜物であり、漢方薬は様々な症状 に試され淘汰された結果、現在普及している漢方薬の原型ができていったのです。

西洋医学は外傷・外科手術に適しているのに対し、東洋医学は人間の内部環境を整えるのに適しています。

東洋医学は2000~3000年前より人類の健康のために発達してきました。材料は草根木皮、自然淘汰されて残った『効果のあるもの』だけが、今も使われ効果を出します。

人の身体は2000年前とそう変わっていないということです。西洋医学で対応できないものにも、うまく対応できるものが多数あります。

東洋医学は治療の幅が広い点で優れているとされ、花粉症アトピー性皮膚炎喘息等の現代医学では完治が難しいとされているアレルギー疾患にも高い治療効果を発揮します。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す