花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎のアレルゲン

アレルギー性鼻炎の原因物質アレルギー性鼻炎は、年間を通して起こる「通年性アレルギー性鼻炎」と一定の季節に限って起こる「季節性アレルギー性鼻炎」の2種類に分けられます。

通年性アレルギー性鼻炎の主な原因はハウスダストですが、中でも多いのはダニです。ダニ以外の原因には猫や犬などのペットが知られています。

通年性アレルギー鼻炎は、花粉が飛散する時期などにのみ発症する季節性アレルギー性鼻炎とは異なり、季節に関係なく年中発症するアレルギー性の鼻炎です。

症状は、季節性アレルギー性鼻炎と変わらず、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主となります。また、目の充血やのどの痛み、皮膚の炎症などが起こることもあります。

季節性アレルギー性鼻炎花粉症)のほとんどはスギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が原因です。

アレルギー性鼻炎を起こすアレルゲンは、約60パーセントがハウスダスト(室内のゴミやダニ、ペット類の毛など)で、約30パーセントが花粉、残りの約10パーセントがその他(カビ)などです。

アレルゲンが鼻に入ると、アレルゲンの侵入を防ぐかのように鼻がつまります。また、くしゃみや鼻水という症状でアレルゲンを体の外に追い出します。

このように、アレルギー性鼻炎は体にアレルゲンが入らないようにする一種の防御反応として起こっていると考えられます。

また、ハウスダストが原因でアレルギーが起こる場合、窓を閉め切って暖房をする冬はハウスダストがつねに飛び回っている状態になるため、症状が強く出やすくなることがあります。

加えて、冬場の空気の乾燥も症状を悪化させる要因となります。

アレルゲンがアレルギー性鼻炎を起こす仕組み

アレルギーは、異物に対する防御システムが働いて免疫反応が起こるものです。

アレルギー性鼻炎は、一般的に、ハウスダスト、花粉類、カビ類、動物の毛・フケなどが抗原となり、体にとって異物となるこれらのアレルゲンに対して、免疫の過敏症状を起こしてしまうのです。

(1) アレルゲンが体内に入ると、まずは異物を何でも食べる細胞「マクロファージ」が食べ、その情報を「リンパ球」に伝えます。リンパ球は異物と認識して、次に入ってきたらすぐに攻撃できるよう、目印となる「抗体」を作ります。抗体は血液や粘膜内にある「肥満細胞」にくっつきます。

(2) 再びアレルゲンが体内に入ると、抗体のくっついた肥満細胞の表面で、アレルゲンと抗体は鍵と鍵穴のように結合します(抗原抗体反応)。

(3) これが引き金となって、炎症を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミンロイコトリエンなど)が肥満細胞から放出されます。ヒスタミンは知覚神経を刺激してくしゃみや鼻水を、ロイコトリエンは鼻粘膜の血管を刺激して鼻づまりを起こします。

アレルギー性鼻炎の原因となる抗原を調べる検査

皮膚テスト

皮内テストとスクラッチテストの2種類があります。皮内テストは、問診の結果から推測される抗原の水溶液を前腕に皮内注射して、皮膚の赤くなった面積や状態を観察します。
スクラッチテストは皮膚を出血させない程度にひっかいて傷をつけ、そこに抗原をたらして反応を診ます。

血清特異的IgE抗体検査

採血をして抗原に反応するIgE抗体を調べる検査で、一度に多数の抗原を調べることが可能です。アレルギーの強さもある程度わかります。

誘発テスト

抗原をしみ込ませたペーパーディスク(ろ紙)を鼻の粘膜において、アレルギー反応が現れるかどうかを調べます。但し、危険性もあり現在ではほとんど行われていません。

その他の検査

重症のアレルギー性鼻炎では、副鼻腔炎(蓄膿)の合併がないかどうかを調べるために、X線(レントゲン)撮影を行う場合もあります。

食べ物がアレルギー性鼻炎の原因になることも!?

もともとアレルギー体質を持っている場合、食品に含まれている成分が身体に合わない事が原因となってアレルギー性鼻炎等のアレルギー疾患を発症することもあります。

食べ物で起こるアレルギーの原因は、その食べ物に含まれるたんぱく質です。しかし、食物のたんぱく質すべてがアレルギーを引き起こすわけではなく、消化されにくいなどの特徴をもったたんぱく質が、原因になりやすいと考えられています。

また、食物アレルギーを起こしやすい食べ物は年齢によって違いがみられ、乳幼児では鶏卵、乳製品、小麦などが、学童期と成人期では甲殻類、小麦、果物類、そばなどが原因になることが多いと言われています。

食べ物が原因で起こるアレルギー疾患は、アレルギー性鼻炎だけではなく、じんましんやそれに伴うかゆみなどの皮膚症状、消化器や呼吸器などに症状が出たり、全身性症状がみられたりする場合もあります。また、原因となる食べ物を食べてから症状が出るまでの時間は通常2時間以内ですが、なかには4~6時間以上過ぎてから症状が出ることもあります。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す