花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー性鼻炎の薬

アレルギー性鼻炎の薬物療法

アレルギー性鼻炎の治療には、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、ケミカルメディエーター受容体拮抗薬。Th2サイトカイン抑制薬、ステロイド薬が一般的に用いられます。

アレルギー性鼻炎用抗アレルギー薬

(1)ケミカルメディエーター遊離抑制薬

効果はマイルドですが連用により改善率が上昇します。鼻閉にもやや効果があります。眠気の副作用がなく、全体に副作用が軽微です。
商品名:インタール、リザベン、ソルファ、アレギサール・ペミラストン

(2)ケミカルメディエーター受容体拮抗薬

I ヒスタミン拮抗薬(抗ヒスタミン薬)
商品名:
第1世代 ポララミン、タベジール
第2世代 ザジテン、アゼプチン、セルテクト、ゼスラン・ニポラジン、ダレン・レミカット、アレジオン、エバステル、ジルテック、リボスチン、タリオン、アレグラ、アレロック、クラリチン、ザイザル

第2世代の抗ヒスタミン薬は第1世代に比べて中枢鎮静(眠気)、抗コリン作用などの副作用が少なく、効果発現は遅いが持続が長く、鼻閉にもやや効果が見られ、全般改善度がややよいという特徴があります。第1世代は抗コリン作用のため、緑内障、前立腺肥大には禁忌です。

II トロンボキサンA2拮抗薬
商品名:バイナス

アレルギー性鼻炎における鼻粘膜血管透過性亢進や鼻腔抵抗上昇に対する抑制作用を持っており、鼻閉の改善に効果があります。くしゃみ、鼻汁に対しても効果が見られます。効果発現は緩徐でピークに達するまで4~8週間かかります。血小板凝集能を抑制するため抗血小板薬、血栓溶解薬、抗凝固薬との併用に気をつけなければなりません。

III ロイコトリエン拮抗薬
商品名:オノン、シングレア・キプレス

ロイコトリエンはアレルギー性鼻炎における鼻粘膜血管透過性、鼻粘膜浮腫に関与するケミカルメディエーターの1つであり、その拮抗薬は鼻粘膜の腫脹を抑制し、鼻閉を改善します。その効果は第2世代抗ヒスタミン薬より優れており、内服1週間後くらいから認められます。

(3)Th2サイトカイン阻害薬
商品名:アイピーディ

ステロイド薬

I 局所用 アルデシンAQネーザル、リノコート、フルナーゼ、ナゾネックス、エリザス

II 経口用 セレスタミン

ステロイド薬アレルギー性鼻炎において気管支喘息と同様、抗炎症薬として効果が見られます。局所用のステロイド薬はいずれも微量で局所効果が強く、吸収されにくく、吸収されてもすぐに分解されるため全身的副作用が少ないという特徴があります。効果発現が早く確実で、アレルギー性鼻炎の3主徴に等しく有効です。効果は投与部位のみに発現するため左右に同じように噴霧しなければなりません。局所ステロイド薬で制御できない重症例に対してステロイド薬の内服を行うこともあります。抗ヒスタミン薬との合剤であるセレスタミンがよく使われますが、ステロイド薬単独でも使用されます。アレルギー性鼻炎に対するステロイド薬内服はその副作用を考えると、短期の使用にとどめるべきです。

自律神経作用薬

(1)α交感神経刺激薬
商品名:プリビナ、コールタイジン、ナーベル、ナシビン、トーク
アレルギー性鼻炎の鼻閉は鼻粘膜のうっ血、浮腫、結合織増生などにより起こりますが、交感神経刺激薬はうっ血に有効で、主として点鼻薬として用いられます。本薬剤により鼻粘膜血管が収縮し、鼻閉は一時的に改善されますが、連用すると効果の持続は短くなり、使用後反跳的に血管が拡張し、かえって腫脹が増悪するようになります。実際の使用に際しては、鼻閉が強い患者さんに対して即効性を期待すると同時に、鼻内通気を改善し局所ステロイドが鼻粘膜全体に十分に散布されるように、局所ステロイドの使用10~30分前に1日、1~2回使用し、1~2週間をめどに局所ステロイドの効果発現とともに休薬するようにします。

免疫療法(減感作療法)

除去が可能なアレルゲン(食物、ペット、ソバガラ枕など)については通常は行われません。

免疫療法は皮下注射で行われ治療期間は少なくとも2~3年はかかります。

中止しても効果は数年以上持続する例が多いといわれています。

免疫療法(減感作療法)の特徴

長期寛解や治癒が期待できる。
効果発現が遅い。
長期の定期的注射が必要である。
稀ながら重篤な副作用(全身性アナフィラキシーショック)を起こす。
アレルゲンの特定が必須である。

参考)減感作療法

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す