花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー発症の仕組み

アレルギーとは過剰な免疫反応

私たちの身体には、身体にとって異物となるもの(アレルゲン)が体内に入ってきたとき、それに対抗する物質(抗体)を作って、抗原を排除しようとするシステムが備わっています。

これを抗原抗体反応、または免疫と言います。予防接種などは、このシステムを利用したもので、弱毒化した病原菌を接種することによって、体内に抗体を作り、本当の病原菌が入ってきたときにそれをすみやかに排除して、病気にかからないようにするのです。

このように身体にとっては有益な抗原抗体反応ですが、ときに必要以上に作用したり、あるいは不適切に作用することがあります。これがアレルギー反応です。

アレルギー反応は、アレルギーを持つ特定の物質(アレルゲン)によって引き起こされます。こうしたアレルゲンに触れると、身体は外界からの侵入者として認識します。

例えば卵、ダニ、スギ花粉などのアレルゲンが体に入ってくると、これを排除しようと体が反応します。

アレルゲンを排除するために、抗体を産生するという働きを持つBリンパ球が、アレルゲンに反応するIgEを作って、アレルゲンを除こうとします。

しかし、Bリンパ球単独では、IgEを作ることはできません。そこでアレルゲンに反応するヘルパーTリンパ球がやってきて、Bリンパ球を助けてくれます。助けをもらって、Bリンパ球はアレルゲンと闘うためのIgEを作るわけです。

アレルゲンは血液中のIgE抗体と結合します。すると、脂肪細胞はヒスタミンなど炎症性物質を放出し、こうした物質は身体が有害だと察知した外敵を撃退するため、全身に瞬時に運ばれていきます。ヒスタミンは、体の局所で炎症を引き起こします。

アレルギー発症の仕組み

IgE、すなわち免疫グロブリンEは、抗体と呼ばれるタンパク質の1種です。 IgEは、アレルギー反応において重要な役割を果たすため、しばしば「アレルギー抗体」と呼ばれます。

特定の物質(アレルゲン)にアレルギーを持つ場合、免疫系は、花粉など通常は無害な物質を身体に有害なものと認識します。

こうした特定物質に触れると、免疫系は身体を守ろうと、IgEの産生を開始します。IgE抗体は体内にとどまり、次に同じアレルゲン性物質に接すると、アレルギー反応を起こすことがあります。

その物質が次に入ってきたときにそれを排除するために、その物質だけに反応する特異的IgE抗体を作るからです。特異的IgE抗体ができた状態を「感作」と呼びます。特異的IgE抗体は肥満細胞という細胞の表面にくっついて体内に存在しています。

結果として、アレルギーを持つ人では血中IgE濃度が増加しているのです。IgE は、各アレルゲンに特異的なのです。

この「感作」された状態では何の症状もありませんが、同じ物質(アレルゲン)が再び体内に入ってくると、特異的IgE抗体がそれを捕まえます。

捕まえたという信号によって、肥満細胞が活動を始めて細胞の中にあるヒスタミンロイコトリエンという化学物質(ケミカルメディエーター)を放出します。

ヒスタミンは神経を刺激してくしゃみと鼻水を起こします。ロイコトリエンは血管を刺激して鼻づまりを引き起こします。

これらの反応は異物に対する生体の防御反応なのですが、遺伝的要因や環境要因により体内の免疫バランスが崩れることで症状がおこります。このことを「発症」と言います。

ヘルパーTリンパ球には、1型ヘルパーTリンパ球(Th1)と2型ヘルパーTリンパ球(Th2)の2種類があります。Bリンパ球のIgE作りを助けるのが「Th2」で、IgEの作りすぎを抑えるのを助けるのが「Th1」です。

本来はこの2つの働きはバランスよく行われるはずなのですが、アレルゲンが入ってきたことで過剰反応をしてしまうと、「Th2」の働きがやたらと強く、「Th1」の働きがやたらと弱くなってしまい、「Th1」と「Th2」のバランスが悪くなってしまいます。

「Th2」の働きによって、IgEが作られ、IgEがヒスタミンなど作り出すために、花粉症アトピー性皮膚炎喘息と呼ばれるアレルギーの症状が出てくるのです。

アレルギーの発症

アレルギー疾患の症状は実に様々です。

皮膚 : 湿疹、じんましん
口 : 口の周りの湿疹、唇の腫れ・発赤、舌の腫れ・発赤、ノドの唇の腫れ・発赤
鼻 : 鼻水、鼻づまり、鼻のかゆみ
気管支 : 咳、喘鳴(ぜんめい:ゼイゼイ・ヒューヒュー・ゴロゴロという喉の違和感)、息苦しさ、呼吸が早くなる
目 : 目のかゆみ・充血、眼脂(がんし:めやに)
消化管 : 嘔気、嘔吐、下痢
全身 : アナフィラキシー、血圧低下

等々、花粉症アトピー性皮膚炎喘息意外にも多くのアレルギー症状があることがわかりますね。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す