花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギー疾患の種類

アレルギーの型による分類

I型アレルギー(アナフィラキシー反応)

・即時型アレルギーと呼ばれるもので、抗原との接触後、短時間で起こる反応です。
・抗原は侵入後抗原提示細胞(APC)によりB細胞に提示され、ヘルパーT細胞の助けにより抗原特異的IgEが産生されます。
・局所的に産生されたIgEは、局所の肥満細胞のFcεレセプター(FcεRI)に結合します。
・IgEは局所だけでなく,血中の好塩基球や他の組織のFcεRIにも結合、アレルギー反応を誘発します。
・代表例は花粉症・蕁麻疹・喘息アトピー性皮膚炎やハウスダストアレルギーなどがあります。

II型アレルギー(組織障害性反応)

・抗原+抗体+補体が細胞表面に結合した結果、その細胞が侵襲を受ける反応です。
・抗体が付着した細胞(標的細胞)に限局して障害が生じるのが特徴です。
・標的細胞上の抗原に抗体が結合すると、そのFc部分とエフェクター細胞好中球好酸球マクロファージ・血小板)のFcRIの結合によりFcレセプターを介して架橋が生じます。一方で結合した抗体は補体の古典的経路を活性化し、形成された活性化C3は補体成分に対するレセプターを有するエフェクター細胞との結合を深め、さらに機能を亢進させます。
・標的細胞と結合している補体やIgGなどは、エフェクター細胞のライソゾーム活性を高め、貧食機能を亢進させる一方、組織障害をも引き起こします。
・代表例は自己免疫性溶血性貧血や血小板減少症などです。

III型アレルギー(免疫複合体反応)

・諸臓器に広く分布する抗原や血中の可溶性抗原に対する抗体が、大量に生産されると抗原抗体複合体が形成され、網内系がそれを十分処理できないときなどに起きます。
・その免疫複合体が組織に沈着すると補体が活性化され、多核白血球がここに集積してきますが、組織に沈着した免疫複合体を十分に貧食出来ないため、ライソゾーム酵素を放出する結果、組織が傷害されると考えられています。この際の組織障害は,免疫複合体の沈着するあらゆる臓器に生じうるのが特徴です。
・代表例は全身性エリテマトージスなどです。

IV型アレルギー(細胞性免疫反応)

遅延型アレルギー、細胞免疫型アレルギーなどと呼ばれています。反応が出現するまでの時間が長いのが特徴です。I-III型までが,液性抗体が関与する反応であるのに対して、IV型はT細胞、マクロファージなどの細胞が関与します。
・通常、抗原に感作されたT細胞の産生するサイトカイン(リンホカイン)によって引き起こされる一連の反応です。
・代表例は、ツベルクリン反応、接触性皮膚炎、金属アレルギーなどです。

病名による分類

花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎

花粉(花粉症)、ハウスダスト、カビなどが主な抗原となります。
治療には抗ヒスタミン薬抗アレルギー薬・抗血管収縮性点鼻薬・ステロイド薬が用いられます。

アトピー性皮膚炎

乳幼児・子どもの間で、ここ20~30年の間に大幅に増えています。以前はある年齢になると治すことが多かったが、最近は成人になってからの発症や悪化も多くみられるようになりました。
アトピー性皮膚炎の治療には、副作用について色々いわれているものの、ステロイド外用薬が最も多く用いられています。ただ、長期間の使用は避けるべきです。

気管支喘息

気管支喘息も、アトピー性皮膚炎と同様に、低年齢層だけでなく成人の患者が増えています。抗原を吸い込む、運動ストレスなどが喘息発作の引き金となります。  
発作には気管支拡張薬が用いられるとともに、病気の初期から吸入ステロイド薬による抗炎症治療が大切です。
治療には吸入ステロイド薬の補助として、抗ヒスタミン薬抗アレルギー薬・抗血管収縮性点鼻薬・ステロイド薬が用いられます。

食物、薬物、金属アレルギー

例えば薬物アレルギーなら薬の使用をやめることで、じんましんなど軽症の場合は治ります。治らないときは抗ヒスタミン薬やステロイド薬などを使用することになります。
治療には抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬・抗血管収縮性点鼻薬・ステロイド薬が用いられます。

アナフィラキシー

ペニシリンなどの薬物投与やアレルゲン原因となります。全身にアレルギー反応が起こり症状は重篤です。じんましんが生じ、血圧低下により脈拍が弱まり、呼吸困難や意識障害などが起こります。生死に関わるので緊急な対応が必要です。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す