花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー疾患を治す!

アレルギーと乳酸菌

乳酸菌とは?

乳酸菌を豊富に含むヨーグルトはアレルギーに効果あり乳酸菌とは、オリゴ糖などの糖を利用して、乳酸をはじめとする酸をつくりだす細菌の総称で、自然界に広く存在しています。

人間の体内にすんでいるのは、各種のビフィズス菌、アシドフィルス菌、腸球菌の一種であるフェカーリス菌などで、これらは善玉菌と呼ばれ、その働きをプロバイオティクスと呼んでいます。

乳酸菌が便秘や整腸作用に効くというのはほとんどの人が知っていると思いますが、ヨーグルトひとつとっても色々な名前の乳酸菌がありますよね。逆に「ヨーグルト○個分の乳酸菌」などというあいまいな表示も散見されます。心身ともに美しく健康にSなるにはどんな乳酸菌を摂ったらよいのでしょうか?

乳酸菌という名前の菌は無い

各種商品にも「乳酸菌配合」という表記があるので、乳酸菌という体に良い菌があると勘違いしている人もいるようです。実は、ブドウ糖から乳酸を作り出す能力を持つ細菌の総称を乳酸菌といい、それぞれ個別に名前もついていて、性質や効果もそれぞれ違います。現在確認されているだけで600種類もの乳酸菌があります。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌にはヨーグルトやチーズなどの乳製品に代表される動物性乳酸菌と、漬物や発酵食品に代表される植物性乳酸菌があります。「植物性乳酸菌は生きて腸まで届く」など有効性をアピールする商品もありますが、どちらも同じ乳酸菌です。

摂り方にもよりますが、脂質を少なめにしたい人は植物性乳酸菌がいいでしょう。ベジタリアンの人にも植物性乳酸菌が人気です。そもそも日本人の腸には植物性乳酸菌が合っているという説もあります。

おもな乳酸菌とその効果

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出す細菌で、生物学上の菌属は「ビフィドバクテリウム」と呼び、体内に存在する善玉菌の99%を占めています。実は乳酸菌とは違う種類の細菌です。糖を食べて短鎖脂肪酸を作り出す微生物で、酸素があると生息できないため体内にしか生息していません。乳酸菌と同じく整腸作用があるため、乳酸菌と混同されることが多いのです。

ヤクルト菌シロタ株

ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株といいます。酸素があってもなくても増殖することができ、胃酸や胆汁にも強く死滅することなく腸に届きます。善玉菌であるビフィズス菌を増加させ悪玉菌を減少させる効果があるので、便秘や肌荒れに効果が期待できます。

L-92乳酸菌

ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株といい、カルピス社の研究によって発見された乳酸菌です。花粉症アトピー性皮膚炎喘息といったアレルギー症状に効果があるといわれています。アレルギー症状免疫バランスが崩れることで起こりますが、L-92乳酸菌免疫バランスを整え、アレルギー症状を抑えます。

近年の研究ではアレルギー科、皮膚科、耳鼻科、小児科などの専門医や第三者機関との共同研究により、詳細な働きの解明が進んでいます。2015年1月には新たな有効性データが論文発表され、学会でも高く評価されています。「L-92乳酸菌」のように明確にその働きがわかっている乳酸菌はとても希少であり、アレルギー症状への最新対策として注目されています。

LG21乳酸菌

この乳酸菌にはピロリ菌の活動を抑制する効果があります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんを引き起こす因子であるピロリ菌は、日本人に感染者が非常に多いそうです。LG21乳酸菌は胃を疾患から守り腸までしっかり守ってくれます。

このほかにも、免疫力を高めてくれるR-1乳酸菌、植物性乳酸菌で悪玉菌を減らし大きな病気を予防する効果があるとされるラブレ菌など、ヨーグルト売り場で目に付くだけでもたくさんの乳酸菌があります。

どの乳酸菌が自分の体に合っているかは残念ながら1~2週間継続して摂ってみて、体感してもらわないとわかりません。また、たくさんの乳酸菌が生息しているほうが腸には良いので、いろいろな乳酸菌をローテーションで摂る方が、相乗効果を期待できでいいでしょう。

腸内の乳酸菌がアレルギーを抑制する

人間の腸には100兆個、総重量にして1kg以上の細菌が住んでいます。「腸内細菌叢(さいきんそう)」「腸内フローラ」などと呼ばれるものです。

その中には善玉菌悪玉菌がいて、そのバランスが人間の健康に影響を与えています。

そして善玉菌の代表が乳酸菌なのです。人間は善玉菌から数々の健康の恩恵を受けていることがわかってきました。

・排便環境の維持(便秘・下痢の防止)
免疫の強化
アレルギー抑制
・メタボ防止

乳酸菌が便秘に効くのは聞いたことがあると思いますが、なんと免疫を強めるようにも働いているのです。さらに免疫が暴走せずに正しく動くようにすること、つまりアレルギー抑制までも行っているのです。

乳酸菌がアレルギーを治す

この乳酸菌パワーを利用して、腸内からアプローチしてアレルギーを改善する研究が進められています。

現代医学ではアトピー性皮膚炎喘息花粉症アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎)等のアレルギー疾患は、一生治らない、つまり完治不可能とされてきました。

対症療法によって症状を和らげることができるだけで、根本的に治す方法は存在しませんでした。

乳酸菌の研究が進めば、乳酸菌によって腸内環境を整えて、体質改善すればアレルギー疾患完治への道も開けてくるかもしれませんね。

喘息(ぜんそく)を治す

アトピー性皮膚炎を治す

花粉症を治す

アレルギー性鼻炎を治す

アレルギー性結膜炎を治す